ごあいさつ - 対人力・コミュニケーションスキル - 専門家プロファイル

【サインラーニング英語学習】『目・耳・手』がフル活動!英語学習にアメリカ手話を導入すると意外な事が? サインラーニング英語講師
ビジネススキル講師
03-5768-1636
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ごあいさつ

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 対人力・コミュニケーションスキル
サインラーニング〜アメリカ手話学習による英語教育〜 はじめに

はじめまして



10代目讃岐屋しんべいです。

『サインラーニング』は、
アメリカ手話の学習による英語学習法です。

なぜ、アメリカ手話と英語学習が関係があるのか?


と思われる方も多いと思います。

じつは、一見、特異な学習法に思われるかも知れませんが、
最新の学習理論からみても
説明がつき、体験してみるとすぐに納得出来る
とても素晴らしい学習方法なのです。

実際に、アメリカでは、多くの幼稚園・学校で採用され
アメリカ人の英語教育という側面において成果が出ています。

子どもの知的水準を上げるという効果で有名な
あのモンテッソリー教育にも、
『サインラーニング』に相当するアメリカ手話学習が採用されています。

アメリカでは、現在、日本でブームのベビーサイン、ベビー手話など
赤ちゃんを対象にした手話から、さらに発展!

幼児・子どもにサインを学習させる事がアメリカではブームになっています。

ブームの火付け役は、「サイニングタイム!」というテレビ番組


日本のNHK教育に相当するアメリカ公共放送(PBS)で
3年に渡り放映され、教育関係の賞を多数受賞し、
2008年のエミー賞にもノミネートされました。

(「サイニングタイム!」は、日本のプレーヤーで視聴可能なDVDが入手可能)


一方、
アメリカでは、赤ちゃん向け手話やアメリカ手話そのものの学習と混同して使われており、
ちゃんとした英語学習法として、纏められていません。
また、決まった名前もないのが現状です。

そこで、私たちは、
この学習方法を
これまでの実績と経験を通じて
『サインラーニング』と命名し、
手話の学習を通じて言語学習を行う方法として
まとめ直すという試みを
このコラムで行って行きたいと思います。

これから
このコラムの連載を通じて
出来るだけ分り易く説明をしていきたいと思います。

もし、分りづらい点がありましたら、
加筆修正を行いますので、
ご遠慮なくご指摘ください。



これまでの実績と経緯



日本では、

6年間に渡り、私たちの家族では、
この「サインラーニング」英語教育法を
前述の「サイニングタイム!」というDVD教材を使い
現在、6歳、3歳、0歳の子育てを通して実践してきた実際の体験。

妻のローリーは、ニューヨークのシラキュース大学で手話(サイン)を学び、
アメリカで"ベビーサインの認定講師"を取得。

いまでは、子どもだけでなくおじいちゃん・おばあちゃんまで
家族全員がサインの魅力の虜(とりこ)になっています。


ローリーの親友で
東京のインターナショナルスクール
シカハマ・イングリッシュ・アドベンチャーの
鹿濱トリーシャ先生は、
早くからこの「サインラーニング」を取り入れた教育を実践し
素晴らしい実績を出されています。
(その様子は、日経キッズプラス 2009年3月号に掲載)


そして、この『サインラーニング』という
新しい英語教育法に魅せられれた私たちは、
その普及活動として,東京を中心に
数多くの「体験ワークショップ」と「認定インストラクター養成講座」
を開催。 10名以上のインストラクターを育成してきました。

※ 教材として、前述の「サイニングタイム!」に使い
  教育現場での実践ノウハウをフルに盛り込んだ
  カリキュラムを制作しました。


オールアバウトのコラムについて



このオールアバウトのコラム
『サインラーニング』 〜アメリカ手話学習による英語教育〜というシリーズは、

『サインラーニング』の入門編



これまでの私たちの経験・実績をベースに

英語と密接な関係を持ち
 『見て理解』
 『手と動作で自己表現』できる視覚言語である
 アメリカ手話の特徴を最大限に活かし

子ども達に楽しくそして効率よく英語学習するための
方法を出来るだけわかりやすく
実践方法も交えて
書き進めていきたいと思います。

(※ 詳しくは、イングリッシュハンズの「体験ワークショップ」
   「インストラクター養成講座」にご参加ください。)

対象者は英語教育に興味を持たれているご両親と教育関係者



サインについて全くご経験の無いご両親・ご家族がご自宅で楽しくサインラーニングをやってみられるように書いていきます。
また、幼児英語教育の先生、ベビーサイン・ベビー手話の認定講師の先生方やご家庭で活用されておられる方がたにも「サインラーニング」をご理解頂き、実施して頂ける内容にしていきたいと思います。

世界の動向


一方、ヨーロッパや中国などの国でも
『サインラーニング』に相当するアメリカ手話を活用した早期の英語教育プログラムが
始まりつつあります。
そちらの動向もあわせて、お伝えするつもりです。


ご参考サイト


『サインラーニング』英語学習関連教材の購入 井川ローリーの子育てワールド

『サインラーニング』実践スクール シカハマ・イングリッシュ・アドベンチャー

『サインラーニング』の「体験ワークショップ」「インストラクター養成講座」 イングリッシュハンズ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ビジネススキル講師)
【サインラーニング英語学習】『目・耳・手』がフル活動!英語学習にアメリカ手話を導入すると意外な事が? サインラーニング英語講師

”65億の地球村感覚”を楽しい外国語学習で育成しませんか?

讃岐屋が掲げるテーマはたった1つ、それは「心のグローバル化」。国や文化に関係なく、1人の人間としてお互いに尊重し合える世の中を創りたい。それが私たちの願いです。その先駆けとして、「エデュテイメント(楽しく学べる)」英語教材を提供しています。

03-5768-1636
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。