不安心理のピークはいつ? - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

森本FP事務所 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不安心理のピークはいつ?

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
くらしを守るマネー管理術 FP森本直人は、こう考える
私の事務所では、今年の1-3月頃は、実は、個別相談も、
セミナー参加も、減少傾向がありました。

おそらく、この時期が、リーマンショック後の
不安のピークだったのではないか、と考えています。

最近になり、ようやく皆さん、動き始めた感じです。

もちろん、新型インフルエンザの拡大など、
第2、第3のリーマンショックが、絶対にないとは、
いえませんので、まだまだ予断は許されませんが、
少なくとも、1-3月頃は、昨年9月のリーマンショック後の
不安心理のピークだったことは、確かなようです。

では、不安心理のピークの時期の株価はどうだったのか。

例えば、3月10日の日経平均株価の終値は、7,054円でした。

一方で、4月10日の終値が、8,964円でしたから、
この間の上昇率は、約27%

仮に、3月10日に、日経平均連動型の投信に1000万円を投入し、
4月10日に換金した方がいるとするなら、その方は、
税金・手数料等を考慮しなければ、
わずか1ヵ月間で約270万円を手にしたことになります。

中には、このような当たりくじを引いた方もいらっしゃるかもしれません。

わずか1ヵ月間で、270万円儲かっちゃうなんて。。。

しかし、これだけ読んで、ああいいな、投資を始めてみようかな、
と思われた方は、危険信号が点滅しはじめています。

投資・運用は、常にこのような機会があるわけではありませんし、
短期的な取引の誘惑にかられて、アクションを起こし、
大失敗をするケースもあります。

まず考えていただきたいのは、皆さんそれぞれのライフプランです。

お金は、目的ではなく、あくまでライフプランを実現するための
手段と考えましょう。

毎日毎日、株価や為替が気になって仕方がない、という状況は、
決して心の豊かさには、つながりません。

まずは、将来の何にお金を使いたいのか。

ここをがっちりと固めましょう。

ひとりでやっていると、あらぬ方向に向かっていきそうだ、
と思われた方は、独立系のアドバイザーと相談しながら進めるのも
ひとつの方法です。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「くらしを守るマネー管理術」のコラム

投資をしない理由(2016/10/28 17:10)

安心なサービスの選び方(2016/08/26 16:08)