上棟式の祝儀等はどうすればいいの? - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

上棟式の祝儀等はどうすればいいの?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家づくり現場 家族の絆を育む狭小2世帯住宅
今日、クライアントのKご家族と打ち合わせをしました。4月24日の上棟に向って、屋根の色とサッシュの色の打ち合わせなどをしていました。

あと、奥様から「キッチンの給水金物を変更したいな〜」という話があり、じっくり選んでもらったりとそういう2時間を過ごしていました。

上棟前に共通して聞かれるのは、上棟式のときはどうすればいいか?ということです。
基本的に、家を建てるときは、地鎮祭と上棟式、場合によっては竣工祭まで行います。

当社の設計の場合は、9割以上が地鎮祭と上棟式を開催しています。

上棟式は棟があがる昼の3時過ぎくらいから開催することが多いのですが、
 ●お昼ご飯は、どうふるまったらいいか?
 ●棟梁さんたちにご祝儀は必要か?
ということで悩まれることがあります。

基本的に、お昼の弁当をふるまってもらって嬉しくない人は居ませんので、お気持ちでされるのも1つですね、という話をしています。また祝儀については工務店さんによって色々なのでケースバイケースでお話ししています。

一般的に多いのは棟梁さんに2万円、当日手伝いの大工さんやクレーンの人に5000円という感じです。地域によっては違いますが、1つの参考にしてみてくださいね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「家づくり現場」のコラム

屋根の断熱について(2009/05/09 08:05)