屋根の断熱について - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

屋根の断熱について

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家づくり現場 家族の絆を育む狭小2世帯住宅
現在建設中の「家族の絆を育む狭小2世帯住宅」ですが、先日上棟をし現在は屋根下地の施工やサッシュの組み込みなどをはじめています。

私たちの家造りの特徴ですが「内部空間は天井裏を造らず余すこと無く有効利用する」という考えのもと今回の家でも3階建ての3階部分を屋根裏いっぱいまで活かした空間にしています。

「天井裏が無くて暑くないのですか?」と聞かれることがあるのですが、多くの方が、普通の木造の家に較べて全然暑くならないですね、と感想をいただきます。

というのも、天井裏がある家の場合は、屋根面にも断熱性のが低いものを使うことが多いので、夏場は天井裏に熱気がこもります。まるで湯たんぽ状態。

それに対して、断熱性能を上げて、屋根上で熱気を解放するやり方をすると、天井面が暑くなるのに時間がかかり、結果、暑くなりにくい家が出来る訳です。

この写真は、屋根の通気下地ですが、これがポイントですね。
私たちの家造りが夏にどれだけの快適さになるか、興味がある人は同じ方法で造った私たちの事務所も見学に解放していますので、いつでもHPからご覧ください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「家づくり現場」のコラム