ダイレクトメールの未着 - 営業戦略・販売計画 - 専門家プロファイル

水内 終一也
合資会社アクタリスト 
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

村田 翔
村田 翔
(マーケティングプランナー)
水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
竹内 慎也
竹内 慎也
(営業コンサルタント)
別所 諒
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ダイレクトメールの未着

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業戦略・販売計画
ダイレクトメール 未着、不着、不達

ダイレクトメールの未着1



■ダイレクトメールの未着




【ダイレクトメールの未着 要約・総論】




1.平成の市町村大合併や、番地変更等による名簿リストデータの劣化の場合、名簿リストのデータの修正を行う必要がある。要するに旧住所のままで、新住所に変換しなと未着になるということ。(ある程度は弊社で対応可能)


2.転居による名簿リストデータの劣化の場合、電話番号クリーニングを行い、転居者を判明させ、名簿リストのデータから削除する。つまりは、電話番号が使われていない宛先を判明させて、その宛先には送らない。(弊社で対応可能)


3.配達されないという問題。滞留に関しては、一部の配送業者が送付物をバーコードで管理しているので、その業者を使うことで、滞留しているかどうかを確認できる。(貴社で調査可能)


※今回の「ダイレクトメールの未着」に関するコラムは英文の論文の形式で書いています。
※この書き方をすると、インターネットで「ダイレクトメールの未着」に関して調べている人がこのページにたどり着きやすいからです。


■ダイレクトメールの未着は何故発生するか?




1.「ダイレクトメールの未着」は市町村合併や番地変更等による名簿リストデータの劣化によって発生する場合がある。




2.「ダイレクトメールの未着」は転居による名簿リストデータの劣化によって発生する場合がある。




3.「ダイレクトメールの未着」は、配達されないという問題、滞留によって発生する場合がある。




■ダイレクトメールの未着を回避する方法は?




・市町村合併や番地変更等による名簿リストデータの劣化




対策1
⇒名簿リストのデータを旧住所から新住所に変換する専用のソフトウェアを購入して貴社で行う。


対策2
⇒名簿リストのデータを旧住所から新住所に変換する業務を行っている業者に依頼する。


※弊社の場合、ダイレクトメールの発送代行や「名簿のクリーニング」をご依頼戴いた場合、ご要望があれば無料サービスとして実施します。ただし、一部の地域は変換ができない場合があります。


・転居による名簿リストデータの劣化




対策
⇒電話番号クリーニングを実施することで回避可能。


※電話番号クリーニングに関しては、次の項目で説明します。


・配達されないという問題。滞留。




対策
⇒一部の配送業者が送付物をバーコードで管理しているので、その業者を使うことで、滞留しているかどうかを確認できる。(貴社で調査可能)


※この問題に関しては、次回のコラム「ダイレクトメールの不着」にて、説明します。

■ダイレクトメールの未着に関する問合せ



お問合せはこちら。200件無料調査アリ。


●マーケティング・コンサルタント 水内終一也
 「ことば」の力が売上を上げる! 想像力喚起と感情訴求が重要!

●ダイレクトメール代行
 代行ご依頼の場合は、上記「名簿のクリーニング」が無料になります!

●ダイレクトメールの未着
※本コラムの元文章 続きはこちらをご覧下さい。

★「名簿のクリーニング」
 ダイレクトメールの未着を送付前に電話番号から調査して判明させます!