「Faxの書き方」5 Faxは段々と反応率を上げていく。 - 営業戦略・販売計画 - 専門家プロファイル

水内 終一也
合資会社アクタリスト 
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

別所 諒
別所 諒
(マーケティングプランナー)
水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
村田 翔
村田 翔
(マーケティングプランナー)
竹内 慎也
(営業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「Faxの書き方」5 Faxは段々と反応率を上げていく。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業戦略・販売計画
FaxDM Faxの書き方
←「Faxの書き方」これ以前のコラム

「Faxの書き方」5 Faxは段々と反応率を上げていく。



私は今までに1000通以上のFax原稿を見てきて、また自分でも何十枚もFax原稿を書いてきて、成功するFaxには共通点や押さえるべきポイントがあることに気づきました。


その成功するFaxの、共通点や押さえるべきポイントに気づくことができたのは、お客様や自分自身が、どんなFaxを作ると反応率が上るのかを見ることができたからです。


普通、そんな体験はできないと思います。


まず、Fax営業をしている会社は少ないですから。そして、Faxでの営業を好んで実践する企業でも、何種類もの商品を、何度も試行錯誤しつつFaxで営業してはいません。


大抵、一種類か二種類の商品・サービスのFaxを数回書いたことがある程度でしょう。


私のクライアントの中で、毎回のようにFax原稿をブラッシュアップして、その都度、反応率を高めている方もいらっしゃいますが、そうした熱心な方は、ほんの少数の方だけです。


士業の方、コンサルタントの方、保険関係の方は、定期的にセミナーを開催している方が多いようです。ですので、必然的に何回もFaxを書き直しをしているようです。


そうした方でも数回〜十数回で成功パターンを作り上げ、後は同じ原稿で集客しますので、何百〜1000通以上のFax原稿を見ることは容易なことではありません。

「Faxの書き方」続きはこちら

「Faxの書き方」全文はこちら

Fax一斉送信代行ご依頼はここ