■Webサイトを営業ツールとして5 - 営業戦略・販売計画 - 専門家プロファイル

水内 終一也
合資会社アクタリスト 
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

別所 諒
別所 諒
(マーケティングプランナー)
水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
村田 翔
村田 翔
(マーケティングプランナー)
竹内 慎也
(営業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

■Webサイトを営業ツールとして5

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業戦略・販売計画
個別相談 800字では書ききれない回答

Webサイトを営業ツールとして活用したい!



以下は「Webサイトを営業ツールとして活用したい!」という質問をいただいた方に対して、回答フォームの字数800時では書ききれないので、コラムのコーナーで回答致します。

私としては、制作の仕事は、できますが、あまり

お受けしたいとは思いません。


何故ならば、私はマーケティング・コンサルタントですので、

制作代行という時間を切り売りしているのではなく

智慧でビジネスをする人間だからです。


できるのに、受けたくないというのは失礼にあたるかもしれませんが、

ホームページ制作から、アクセスユーザー集客までの一式を

400万円で受けたとしても、私にとっては割に合わないのです。


逆に、50万円でやります。とか、それ以下でやりますという

業者がいたら要注意です。

そういう業者がいたら、以下を確認してみて下さい。

 1.インターネットを何時から、集客に使っているか?
   ⇒ 最低 3年、できれば5年以上。

 2.インターネットで、今もビジネスをしているか?

 3.ネットだけでなく、営業の経験はあるか?
   ⇒ 特に、リアルなモノを売った経験が必要。

 4.デザインではなく文章ライティングの能力は?
   ⇒ セールス・レターが書けるか?

 5.反応率が鈍いときにタダで修正、書き換えをしてくれるか?
   ⇒ 書いた文章に対しての責任を負うかどうか

 7.PPCやSEOの経験はあるか? 他のネットマーケの経験は?
   ⇒ どこからユーザーを呼ぶかを知っているか?
   ⇒ 全部出来なくても、一つはできることが望ましい。



こうした条件を書いているのですから、

私は、上記の全てに当てはまります。

ちなみに、もし、私が、お受けするとなると、

貴社や貴社の商品・サービス、貴社のお客様を理解するために約1ヶ月。

文章制作そしてホームページ制作に1ヶ月。

アクセスユーザー誘導に2週間。

それくらいかかります。

時間がかかるのは、調査・研究や試行錯誤が含まれているからです。

チャチャっとやって、制作料を貰うのとはワケが違います。

2ヶ月半かけて、やっと、スタートです。

ここから、2000アクセスごとの修正、作り直しが始まります。


そして、何回か修正して、反応率0.5%になったとしたら

そのホームページを中心としたインターネットのビジネスシステムは

資産です。


毎月、一定の売上を上げてくれる資産です。

金利よりも利回りが良く、

先物取引や株取引のように、不安定でもなく、

ずーっと一定の売上をあげてくれます。


この資産作りという観点で、ホームページを中心とした

ビジネスシステムをお考えになることを、私はお薦めいたします。