「Faxの書き方」11 Faxが自動集客マシーン - 営業戦略・販売計画 - 専門家プロファイル

水内 終一也
合資会社アクタリスト 
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

別所 諒
別所 諒
(マーケティングプランナー)
村田 翔
村田 翔
(マーケティングプランナー)
水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
竹内 慎也
(営業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「Faxの書き方」11 Faxが自動集客マシーン

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業戦略・販売計画
FaxDM Faxの書き方
←「Faxの書き方」これ以前のコラム

「Faxの書き方」11 Faxが自動集客マシーン



私がマーケティング・コンサルタントとして、自分自身でFax営業を行う場合、0.5%以上が及第点、反応率1%以上が達成目標です。市場と商品・サービスとの相性により、どこをどうやっても0.3%以上にならない場合もありますが、その時は、市場を変えるか、商品を変えるかを再検討します。


案内する内容と市場とのマッチングを間違えなければ、私の場合、大抵0.5%は達成して、工夫する度に1%に近づき、そしてある時1%を越える日が来ます。


そうしたら、同じ市場に定期的にFaxし続けることで、安定的に見込顧客を集めることが可能となります。


まぁ、市場に飽きられないように、成功パターンのFax原稿を2〜3パターン用意して、目先を変えてFax営業すれば、半年や1年どころか、2年〜3年は同じ市場から見込顧客を集めることが可能となります。



長期にわたり、同じ市場から定期的に見込顧客を集客できるということは、Fax送信による自動集客システムができあがることを意味します。


しかも、先ほどお伝えした、営業マンやテレアポ担当、チラシや雑誌広告の1/3以下の経費で見込顧客の集客が可能です。


Faxは人間ではないので、マネジメント不要です。人間関係とか部下育成とかに悩まされることはありません。チラシや雑誌広告等もFax原稿のようにブラッシュアップしていけば、ある一定の反応率を上げることは可能でしょうが、Faxよりも経費が下がることはないでしょう。


ダイレクトメールもFax原稿のようにブラッシュアップしていけば、ある一定の反応率を上げることは可能でしょうが、Faxよりも経費が下がることはないでしょう。


営業マン、テレアポ、チラシ、雑誌広告、ダイレクトメールとの見込顧客獲得単価の比較は、Fax反応率1%ではなく、0.5%での比較です。



話をちょっと簡単にします。Faxの反応率を上げるポイントがいくつかあります。その1つ1つを実践することで、0.1%づづ反応率が高まるとしたら、一般的なFaxの反応率0.1%に対して、4箇所の工夫をすれば、0.5%です。反応率は五倍です。


実際には1つのポイントを工夫することで0.2%以上の反応率向上があるかもしれませんし、いくつかのポイントは相乗効果によって0.3%以上の反応率向上が見込めるかもしれません。


やるべきことは、この反応率向上のポイントを知り、一つ一つをFax原稿の中に入れ込むことです。


Fax営業の成功の秘訣は単純に、ここだけです。大事なことなので、もう2回繰り返します。




この反応率向上のポイントを知り、一つ一つをFax原稿の中に入れ込む。




この反応率向上のポイントを知り、一つ一つをFax原稿の中に入れ込む。




この単純なことを実践するだけでFaxが自動集客マシーンに変貌するのです。

「Faxの書き方」続きはこちら

「Faxの書き方」全文はこちら

Fax一斉送信代行ご依頼はここ