「Faxの書き方」2 何故、見込み客が集まらないか? - 営業戦略・販売計画 - 専門家プロファイル

水内 終一也
合資会社アクタリスト 
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

村田 翔
村田 翔
(マーケティングプランナー)
水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
竹内 慎也
竹内 慎也
(営業コンサルタント)
別所 諒
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「Faxの書き方」2 何故、見込み客が集まらないか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業戦略・販売計画
FaxDM Faxの書き方
←「Faxの書き方」これ以前のコラム

「Faxの書き方」2 何故、見込み客が集まらないか?



私は、Fax一斉送信代行も行っているので、毎日のようにFaxの原稿を見ています。そして毎日のようにFaxの一斉送信を行っています。しかし、Fax原稿に対してのアドバイスを求めてくる人は小数です。とりあえずFaxを急いで送付してほしいという人ばかりなのです。


特にセミナーを開く方は、急ぎの送付をご希望になる場合が多いようです。話を伺ってみると、今までのセミナー参加者への案内や、知人づて、顧客づての集客、商工会等の発行物での告知等を既に行っていて、それでも会場が埋まらないので急遽、Faxで集客したいとのこと。


そういう方は、気が急いていますので、「Faxの原稿はあるから、すぐに送って欲しい」というご要望になります。私としてはFax原稿の中身がとても気になるのですが・・・。


そういう方々からは、反応率が悪いと、「名簿が悪い」とか「本当に送ったのか」とクレームが来ます。でも、クレームをおっしゃるクライアントのFax原稿は、1000通以上のFax原稿を見てきて、そして私自身もFax営業で商売している立場の「プロ」からすると、反応がないのが当たり前のFax原稿ばかりなのです。


(先にお伝えします。ニーズやウォンツはあってもFax送信元に問い合せる理由がないのです。つまり、見込顧客に到達しているが、Fax送信元の会社が選ばれないということです。この根本的な問題は、後述します)


どんな内容でも、Faxを送れば、見込顧客が集まるという幻想を抱いているのでしょうか? まるで諺の「棚からボタモチ」が落ちてくるような感覚で、多くの方がFaxでの営業を軽く考えているようです。


そして、見込顧客が集まらないという現実に対して、私にクレームを寄せてきたり、童話の『すっぱい葡萄』のように「ウチの商品・サービスにはFaxは合わない」と一人合点したりするようです。


でも、そもそもFax原稿に何の工夫もないのですから、反応率が低い、もしくは無いのは当たり前なのです。人のせいにしたり、勝手に諦めたりするのは、自由ですが、そもそも、Faxに関しての認識が甘いのです。

「Faxの書き方」続きはこちら

「Faxの書き方」全文はこちら

Fax一斉送信代行ご依頼はここ