「美味しさ」を演出する照明 - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

サカイデザインネットワーク有限会社 
東京都
建築家
03-6379-4831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
石井 純子
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「美味しさ」を演出する照明

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般
住まいづくりの発想 気持ちを豊かにする照明効果
暮らしの中で食事が大切であり、重要なことは誰もが共通することだと思います。 豊かになった食生活のおかげで、むしろ高カロリーや健康面に配慮した食事を心がけている方も多いのでは? とはいってもやはり食事は美味しく食べたいもの、そのためには、美味しい料理をひき立てる器や食空間も大切です。

ダイニングテーブルを照らす照明方法には何種類かの手法がありますが、40Wから60W程度で小ぶりのサイズのペンダントライトを3灯程度つけるのもオススメです。 灯りが分散し食空間全体の明るさを得ることも可能ですし、空間の雰囲気も高まります。 そしてダイニングの照明は「美味しさ」を演出する大切な効果があります。 

ペンダントライトの取付け高さは、テーブルTOPから70cm前後を基準に、椅子に座って電球の灯りが眩しくない位置に調整することが実用的で綺麗に見えるポイントです。


●日常をお伝えしているブログ酒井正人DesignDiary

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
サカイデザインネットワーク有限会社 

住む人の手が触れる場所から、建物へ、街へと心地良さを拡げたい

設計手法・デザインの発想は「内側から外側へ」・・・建物という器だけをつくるのではなく、私達が暮らす場である生活空間の細部から生活環境全体のデザインを追求し「心地よさ」をご提案しています。

03-6379-4831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「住まいづくりの発想」のコラム

「広さ」を感じる照明効果(2008/12/23 10:12)