ブランク期間と退社理由の受け答えについて - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

葉玉 義則
ニューボイスジャパン株式会社 代表者
キャリアカウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

藤崎 葉子
藤崎 葉子
(キャリアカウンセラー)
竹間 克比佐
竹間 克比佐
(転職コンサルタント)
市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ブランク期間と退社理由の受け答えについて

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
元総務・元人事の打ち明け話
最近、面接時の質問で、答えづらく、減点評価の
対象になりそうで困っている、と相談されるのが、

「空いている期間、何をなさっていたんですか?」
「元職や前職を退職された理由をお聞かせ下さい」

といった質問です。

転職経験をお持ちの方で、身に覚えのある方も
多いのではないでしょうか。

ここで、是非、気をつけて頂きたいのが、

云いよどんだり、質問を無視したり
しないことです。

理路整然に、堂々と、受け答えしましょう。

面接の基本は、聞かれそうな事柄は、自己PRの際に
前もって話してしまう、ということです。

その方が、印象は良いものになってきます。

質問者にとっても、聞きにくい事柄を事前に本人から
話してもらう事で、逆に安心もし、

そのこと自体については、補足程度の質問で切り上げ、
本論に入っていきやすい、という流れが出来ます。

是非、ご一考下さい。

これらの質問への答え方は、ケースバイケースには
なりますが、オーソドックス的には、

例えば、ブランク期間への質問の受け答えは、

仕事がみつからなくて、という印象をもたれないような
自分自身が納得できる合理的な理由を探してください。

それは、情に訴えるものでも構いませんが、いずれに
しても、胸を張って云えるまで、事前に詰めましょう。

また、退職理由については、

会社の体制や人間関係を批判したり、愚痴になったり
というのは、もっとも嫌われるタイプですから、

前向きな方向で、理由づけをしていきましょう。

一番大切な心構えは、どんな質問に対しても、面接官の
“何故”に対して、明確な根拠を示してあげることです。

転職活動中の皆様へ、つらく苦しい毎日だと思いますが、
ご自分への自信を失わず、めげず、あきらめず、

この難局を、明るく前向きに突破してください。

心からの応援のエールを送らせて頂きます。


誌上インタビュー 〔第1弾〜第5弾〕

■ あなたからのメールが、始まりの合図です。個人相談・受付中!!

   My人事.com http://my-jinji.com/

■ セミナーやイベント情報の発信サイト! 無料の掲載枠もあります。

   セミナー検索ドットコム http://seminar-kensaku.com/

■ 教育の原点は、赤ちゃん教育! 赤ちゃん教育の原点は、親認識!

   日本ナニー協会 http://nanny-japan.com/