「1日1分14日間のモデル姿勢習慣」 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「1日1分14日間のモデル姿勢習慣」

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット

良い姿勢? 悪い姿勢?
モデル姿勢とはどのような姿勢でしょうか?

モデルには細さ、棒脚を保つ「モデル姿勢」
耳-肩-骨盤-膝の前-足首の前
5点が一直線上にあること。

これは太もも、ヒップ、ふくらはぎの筋肉が
日常で最小限に使われる姿勢とも言えます。

筋肉の性質である
使わなければ減る

体脂肪の傾向である
関節の動きの少ない部位に付きやすい
どちらを踏まえても、

脚の筋肉へ負担をかけないことで
骨格が真っ直ぐ棒状
であれば、脚への負担を最小限にし、
不要なゴツゴツ感を無くなると言えます。

重力下で生活する人間は、常に脚の筋肉を多用します。

太ももがパンパン
ふくらはぎが太い
ヒップにボリュームが出る
とお悩みのあなたは、根本的なモデル姿勢を作ることが必要です。

(↓クリック)
「無料読切!1日1分14日間のモデル姿勢習慣」

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー