ダイエットの波 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

何事も始めの時期は
モチベーション120%!

その後が2つの分かれ道

そのまま進めるか
やめてしまうか

IMG_8688[1]

単純明快

ダイエット成功はこの2つの道で決まります。

ダイエットで悩み、途中でやめてしまう。

IMG_8481[1]

この理由も単純

変わらないから。

の一言に尽きます。

体型が変わらない。

深層にあるあなたの理想に近づけない。

と捉えやめてしまう。

要は形となる結果さえ見れれば防げること。

しかし、ここがダイエットの難しいところ。

髪やネイルと異なり
その場で痩せた!
とはならない。

IMG_8448[1]

この変化までの期間をどうするか?

これが持続するのに
必ず必要となります。

逆に1週間−5キロ!
等の文句では
その後が続かない。

IMG_8690[1]

これも大きな落とし穴になります。

そもそも体脂肪が1週間で5キロ減るには

36000キロカロリーの消費が必要。

ランニング1時間300キロカロリーと仮定しても

120時間走らなければ消費できない量。

丸5日です。

この時は体脂肪でなく
基礎代謝に必要な筋肉などが減ってしまっています。

つまり、ソッコーリバウンドです。

本題に戻ります。

痩せるまでの間、
どうモチベーションを保つか?

一つの方法として体型以外での変化
になります。

IMG_8612[1]

姿勢の変化

体積自体は変わっていなくても
背中の丸まりがなくなったり
腰の反りがなくなったり

見た目の変化は作ることができます。
IMG_8779[1]

イメージの共有

今どの時点にいるのか?

これがわからないことほど
やる気をなくすことはありません。

いつまで姿勢を変えるか?
いつまで筋肉を増やすか?
いつから脂肪が減るか?
体重○○キロになるのはいつか?

というのがゴールまでの手順。

これがあると今どの時点かがわかりやすくなります。

IMG_9104[1]

食事面

ダイエット中は何かと制限が多い食事。

これには飽きからやめてしまうことが多くあります。

IMG_8077[1]

食事の飽きはダイエットにつきもの。

食べたもので体が作られるのも事実。

体を作るのに必要なものは優先してとる。

というとササミ、野菜となりがち。

体作りに必要なものはこれだけではありません。

糖質も事実も必要となります。

まずこの視点だけでも
幅が広がります。

玄米、ライ麦、全粒粉のパン、オールブラン等、今はかなり種類が豊富。

もちろん甘いものもあります。

脂質も少ないことは代謝を下げる要因。

オリーブオイル、魚油、ごま油等
1日の摂取カロリーの20%目安に好きにとることがオススメです。

○○だけ!に限定されると
反発も多く、できたとしてもその後につながりません。

IMG_7987[1]

外でも食べる!

いつも同じ食材。質素に済ます。

ある程度は必要ですが、
これからも続く体型管理。

外での食べ方も見つけた方が効果的。

食べる内容は同じでも、
人と、違う場所で等、
変化をつけると楽しく食べられます。

また、周囲と比べて
頑張ってる自分に喜びを持つこともあります。

運動面、食事面はダイエット中に特に管理することが多くなります。

運動面ではゴール設定
食事面では食べないものではなく
食べるべきもの設定が必要です。

そして、もう一つ。

IMG_6504[1]

ゴールから得られるもの

ダイエットのゴールで
あなたの人生がどう変わるか?

このイメージが具体的なほど
自分磨きは続きます。

人の喜びには
周囲からの讃称の声が大きく関係します。

褒められたから頑張れる!
認められた!
という喜びはモチベーションキープの強化になります。

その手段に大雑把に
痩せてキレイになる!
等があげられます。

気持ちの安定、不安定。

その場ではどうなのか。
よりも、目指す先に目を向けること。

なかなか難しいことではありますが、

それが分かっているのと分かっていないのでは

ダイエットの差は歴然。

ご参考にしてください。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー

このコラムに類似したコラム

血色の良い痩せ方、悪い痩せ方の違い 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/08/11 15:00)

「メリハリが太って見える」の3つの解消法則 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/05/28 19:00)

腹筋はジムでなくキッチンで作る!2つの食べ方 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/04/03 22:00)

ダイエット中に「ケーキを食べる2つの時間帯」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/03/23 16:00)

40歳からの下腹痩せ「腹筋、背筋は効果0」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/03/14 23:00)