子どもたちの「供養経験」と「優しさ」の関係性 - 教育・育児の不安 - 専門家プロファイル

橋本 亜依
株式会社ライフシステム 代表
恋愛アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

斉藤ヒカル
斉藤ヒカル
(潜在意識セラピスト)
田中 よしこ
(心理カウンセラー)

閲覧数順 2017年08月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子どもたちの「供養経験」と「優しさ」の関係性

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 教育・育児の不安


日本香道が実施した「子供たちの『供養経験』と『やさしさ』の関係性」調査で

墓参りや仏壇を拝む「供養」を習慣化している子供は、他人を思いやるやさ

しさをもつという傾向があることが分かったそうです。


教育評論家の尾木ママの仮説に基づき中高生を対象に今年の8月に実施。

尾木ママが長年にわたる「いじめ問題調査研究」から「供養行為に対する子

どもたちの経験頻度と優しさの度合いには強い関係性がある」という仮説を

立てて調査を実現したとのこと。

この結果を得て、

「道徳教育の強調よりも、具体的に祈る行為の方が優しさや思いやりを醸成

し、高めることを暗示している。」

と、尾木ママは言っています。

最近では、自分の菩提寺やお墓がどこにあるかを知らないという人もいます。

ご先祖さまを敬う心や神仏に祈る行為は、優しさや豊かさを醸成してくれます。

キレ易い老人やキレやすい子供のニュースが後を絶たない現在社会ですが

仏壇やお墓参りの大切さを改めて、子どもたちに教えたいものです。

お父さん!お母さん!

お子さんとお墓まりに行きましょう。

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

いじめ問題を解消する方法! 斉藤ヒカル - 潜在意識セラピスト(2015/05/30 14:21)

「クヨクヨ考えてしまう癖を変えていくには」 その③ 本多 由紀子 - ホリスティックケアセラピスト(2015/05/07 15:22)

優しくできない人のヒミツ 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/02/27 12:11)