化粧品輸入販売プロセス⑬~許可証交付~ - 法律手続き・書類作成全般 - 専門家プロファイル

サニー行政書士事務所 
東京都
行政書士
042-407-4814
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:法律手続き・書類作成

折本 徹
折本 徹
(行政書士)
佐藤 隆廣
佐藤 隆廣
(行政書士・土地家屋調査士)
折本 徹
(行政書士)

閲覧数順 2017年06月29日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

化粧品輸入販売プロセス⑬~許可証交付~

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 法律手続き・書類作成
  3. 法律手続き・書類作成全般
化粧品薬事申請 輸出入ビジネス


こんにちは。サニー行政書士事務所の岡村です。

前回は、実地調査が終わり、許可証発行を待つ間に行うさまざまな追加手続き(申請書類等の手直し、再提出、改善報告など)について説明しました。

前回の記事:結果待ち(適宜、申請書類の手直し&再提出)

これら追加対応が問題なく終了すれば、後は許可証交付の日をただひたすら待つのみとなります。
実地調査時に特に問題が無く、改善報告が必要で無ければ、実地調査時からだいたい2週間程度、改善報告を挟んだ場合は、その改善報告書提出&受理から2週間程度で、晴れて許可証交付となります。

クライアント様にとって、待ちに待った瞬間です。

まず、許可証の準備ができた旨の連絡が届きます。
例を挙げると、東京都の場合ハガキで通知が来ます(窓口での受け取りを選んだ場合)。
一方で、神奈川県の場合、直接電話連絡が来ます。

行政書士として代理申請の委任状を受けているので、許可証の受領についても代理で薬務主管課に受け取りに行くことができます。

許可証受領の方法ですが、直接窓口に行って受け取る方法と、郵送で送ってもらう方法があります。

東京都の場合、どちらかの方法を選べます。
書類申請時に「どちらにしますか?」と聞かれます。
郵送を選ぶ場合、その時(書類申請時)に、返送用の封筒(レターパックなど)を預けてくることになります。
窓口での受領の場合は、直接東京都健康安全研究センターに行き、一階の交付窓口でハガキを提示し、認印の押印をして、許可証を受領します。



神奈川県は直接窓口での交付になります(郵送対応は無し)。
ただ許可証を受け取りに行くだけなので、特に時間枠の予約は必要ありません。
東京都と同様、受領印を押して、許可証を受領します。

さて、この許可証ですが、化粧品輸入ビジネスを行う場合、特に「化粧品製造販売業許可証」については、この後で行う各種届出手続きにおいて、添付書類として写し(コピー)を提出する必要が出てきますし、実際の通関手続きの際にも、輸入届の写しと共に製造販売業許可や製造業許可の許可証の写しを提示する必要が出てきます。

ですので、原本は大切に大切に保管する(事務所の目立つ場所への掲示が義務付けられています)として、写し(コピー)を何枚か常備をしておくといいと思います。

さて、次回からは、届出手続きについてみていきます。
まずは、PMDAに提出する「外国製造業者/外国製造販売業者届出(通称『外国届』)」から見ていきます。

お読みくださり、ありがとうございました。

次回>>化粧品輸入販売プロセス⑭~外国届出~


☆★ご案内★☆

海外化粧品法規制NewsLetter毎月定期配信中!
欧州、米国、アジア各地域の最新の化粧品法規制動向をいち早く配信いたします。
登録は無料!

どうぞお気軽にご登録ください!

登録フォーム:
http://pharma.sunnygyosei.com/cosme_newsletter_registration

バックナンバー:
http://pharma.sunnygyosei.com/cosme_newsletter_backnumber


 ★☆お気軽にお問い合わせください!☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

サニー行政書士事務所 代表 岡村陽介

TEL: 042-682-2423
E-MAIL: info@sunnygyosei.com

URL:

 http://www.sunnygyosei.com/(事務所)
 http://souzoku.sunnygyosei.com/(相続サポート)
 http://pharma.sunnygyosei.com/(薬事法務サポート)
 http://honyaku.sunnygyosei.com/(リーガル翻訳)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 行政書士)
サニー行政書士事務所 

英語に強い!化粧品薬事専門の国際行政書士

約10年間英語を活用する仕事に従事した経験があり、化粧品輸出入等の海外対応、海外の化粧品法規制の調査などに強いです。また、書類数が多く煩雑な化粧品薬事申請についても、常にお客様視点で問題解決を模索し、きめ細やかなサービスを心掛けています。

042-407-4814
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「化粧品薬事申請」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 化粧品ビジネスに関するご相談随時受付中!

料金
無料

「新しく化粧品ビジネスを始めたい!」
「化粧品を輸入して販売したい!」
「逆に化粧品を海外に輸出して販売したい!」
・・・でも具体的な手続きがよくわからない・・・。
こんなお悩みお持ちではありませんか?
まずはお気軽に、メールにてご相談ください。
目的達成のための要件を明確にし、具体的な手続きの流れ(ロードマップ)を提示させていただくことができると思います。

化粧品ビジネスに関するご相談随時受付中!

このコラムに類似したコラム

化粧品輸入販売プロセス②~要件確認(その1)~ 岡村 陽介 - 行政書士(2015/06/09 14:06)

化粧品輸入販売プロセス21~製品ラべリング準備~ 岡村 陽介 - 行政書士(2016/05/05 02:50)

化粧品輸入販売プロセス⑰~分析機関へ成分分析依頼~ 岡村 陽介 - 行政書士(2016/02/07 00:50)

化粧品輸入販売プロセス⑮~製造販売届出~ 岡村 陽介 - 行政書士(2015/11/12 02:21)