リウマチ患者の住まい研修会のお知らせ - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リウマチ患者の住まい研修会のお知らせ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
介護福祉情報
私たちの身近な疾病の一つに「リウマチ」(リュウマチ)があります。
指・手首・ひじ・ひざなど関節に繰り返し炎症が起こって骨や軟骨が破壊され変形してくる慢性進行性の疾患で、日常生活が大きく制限されます。
(関連コラム https://profile.ne.jp/pf/yasuragi/column/detail/5985)

リウマチ(リュウマチ)の治療法とリハビリテーションは医療分野で確立されてきましたが、住環境整備分野においては、まちまちなのが現状です。

私が活動している「彩の国バリアフリー協会」ではこの度、リウマチという状況が生活においてどのように係わり、その中から住宅の改修に生かすヒントなどを含んだお話しを、『高齢者・障害者の住環境整備、福祉のまちづくり計画、障害者の地域生活支援、就労支援、リウマチ患者の住まいと福祉機器を考える会』等で活躍されておられる聖学院大学の野口裕子先生を迎え、ご講演をいただく会を開催することになりました。

リウマチをかかえて暮らしていらっしゃるご家族の皆様を始め、住環境に携わる専門家(建築・医療・介護分野)の皆様にも最先端の情報をお届けできるかと思っておりますので、是非ご参加下さい。

日時 平成19年2月24日(土)午後1時開場

定員 45名

会場 with Youさいたま(ホテルブリランテ武蔵野)4階セミナー室 (さいたま新都心駅 徒歩5分)

会費 1,000円(当日受付でお支払い下さい)

申し込み 彩の国バリアフリー協会ホームページ(http://homepage2.nifty.com/enosons/sbfa/sbfa001.htm)

当日直接受付もしております。

私も当日おりますので皆さんといろいろお話ができることを楽しみにしております(^^)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「介護福祉情報」のコラム

2012国際福祉機器展(2012/08/18 09:08)

介護福祉事業者のIT化(2011/10/13 17:10)

室内のニオイ対策(2011/10/13 07:10)

小児用座位保持装置(2011/10/12 06:10)