犬を叱ってはいけないの? - 犬のしつけ・訓練 - 専門家プロファイル

ペット行動コンサルタントSENDA 
千葉県
獣医
080-4002-8745
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ペットのしつけ・訓練

小川 亜紀子
小川 亜紀子
(しつけインストラクター)
小川 亜紀子
小川 亜紀子
(しつけインストラクター)
中西 典子
(しつけインストラクター)
水土 はなん
(しつけインストラクター)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

犬を叱ってはいけないの?

- good


現在は、「しつけに犬や子供を叱ってはいけない。」と思って、犬を叱れない飼い主さんがいるような気がします。

私は「叱ること」と「虐待する」こととは違うものを考えています。

昔、息子が小学生1年の時、遊びながら食事をしていたので、注意したのですが、無視して、遊びながら食べていたので、後ろから平手打ちを一発頭に入れました。それでも、息子はそのまま続けようとするので、もう一発叩こうと腕を振りかぶったら、頭を避けながら、一言。

「言ったら分かる!」「言っても分からないから叩いてるの!」

ということで、『2回注意しても、行動を改めなかったら、問答無用で叩く』というルールが私と息子の間で出来上がりました。それから私が息子を叩いたのは、2回だけでした。息子はそのルールをしっかりと学習し、私の平手打ちを回避する方法を身につけたのです。ちなみに息子は今は大きくなって就職しました。職場では「叱られ強い。」と言われているようです。

犬にも同じことが言えると思います。

①犬がするべきことを知っている。

②犬がするべきことができる。

③犬がするべきことを苦痛を伴わずにすることができる。

④与える不快な刺激は、犬にとって危険なものではないこと。

⑤与える不快な刺激は、犬に恐怖ではないこと。

⑥与える不快な刺激は、犬がするべきことをすれば避けることができること。

同じようにリードを引っ張ったり、叩いたりしていても、①から⑥がきちんとできている場合は、犬にとって苦痛なものにはならないでしょう。しかし、どんな軽微な不快な刺激てあっても、何をして良いのか分からない状態で、どうしたら、その不快な刺激から逃げられるか分からない場合は、犬にとって虐待でしかありません。

私のしつけ教室では、「犬が飼い主に不都合なことをしたら、クレートに入れない。」と教えています。犬たちは最初ご褒美でクレートに入ることを教えられますが、できるようになるとご褒美を使わなくなります。それから、トイレの失敗をしたりするとクレートに入るように促します。はじめは、引きずられるように入れられていた犬たちも、自分が「これをしたらクレートに入らなければならないんだ。」と理解すると何か失敗すると自分でクレートの中に入っていきますし、自由が良い犬たちは入らなければならないようなことをしなくなります。

その時その時で同じように叩いているように見えても、それまで下地を作っているかどうかで、しつけか虐待かが決まるのもではないでしょうか?

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(千葉県 / 獣医)
ペット行動コンサルタントSENDA 

科学的な理論を基に人と動物が共生できる方法を提案します。

ペットの犬や猫の問題行動の予防や改善のためのコンサルテーションや個人トレーニング、グループトレーニングを行っています。当しつけ教室の卒業生には、老人福祉施設や病院、緩和ケア病棟でセラピー犬として活躍しているワンちゃん達もいます。

080-4002-8745
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

犬のしつけと訓練の違い 千田 純子 - 獣医(2014/05/14 23:21)

『犬のモンダイ行動の処方箋』緑書房 中西 典子 - しつけインストラクター(2012/02/01 19:19)

ペットの災害対策 小川 亜紀子 - しつけインストラクター(2011/04/07 23:27)

主従関係と信頼関係 千田 純子 - 獣医(2015/09/23 10:13)

犬を飼おうと思った時に考えること。 千田 純子 - 獣医(2015/09/07 16:40)