不倫裁判に勝つための証拠について - 民事家事・生活トラブル全般 - 専門家プロファイル

じょうばん法律事務所 
茨城県
弁護士
0297-77-5301
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不倫裁判に勝つための証拠について

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事家事・生活トラブル全般
配偶者が浮気、不貞をしていることがわかり、
相手に慰謝料請求をしたいというご相談はとても多いです。

ここでは、これまで私が取り扱ってきた浮気裁判の経験に基づいて、
裁判に勝つための証拠について書こうと思います。


1 探偵の調査報告書


メリット
・ラブホテルに出入りしているところの動画や写真など。
日時、場所が明確で、これさえあれば不倫の立証はばっちり。

デメリット
・高いのひと言に尽きます。安くても数十万。
浮気日時がなかなか特定できない場合には、100万単位になることもあります。
「この日に浮気をする!」という自信があるならオススメ。

※悪質業者がたまにまぎれこんでいるので、注意しましょう。


2 メール、LINEなど、携帯電話にかかわるもの


メリット
・携帯電話を見ることさえできれば、多量の証拠を得ることができる。
ちなみに、携帯電話を内緒で見てしまっても、基本的には違法ではありません。

・恥ずかしい内容を送り合っていることが多く、証拠としての力も強いことが多い。

・集めるのにお金がかからない。

※メールやLINEを証拠にしたい場合は、画面のスクリーンショットを保存しておきましょう。
画面が途切れないように、保存していくことが大事です。

デメリット
・携帯電話のガードが堅い場合には、なかなか集められない
・消去されてしまうと、復旧が困難




3 フェイスブックやツイッターなどのSNS


メリット
・ほぼ公開されていて、集めるのは極めて容易

デメリット
・公開である反面、無難なことしか書いていないことが多い。
そのため、浮気の核心に言及されていることがほとんどない。



4 相手直筆の謝罪文など、不倫を認める内容の紙


メリット
・相手が認めているのだから、不倫の事実は揺るがない。

デメリット
・相手が書くことに同意する必要がある。
相手が書かなければ作るのは絶対に無理。


証拠はできるだけ多くあった方がいいことは確かですが、
どれか1つだけでも勝てることは十分にあります。

大事なのは証拠の内容です。


ほとんど使えない証拠についても、少し書いておきます。

・ラブホテルの会員カード

→無記名であることがほとんどで、誰のものかわかりません。
「自分のものではない」と否定されてしまうと、それまでです。


・避妊具

→これも誰のものかわかりません。


・第三者の証言

→基本的に証言は頼りになりません。
全く役に立たないわけではありませんが、これだけに頼るのは危険です。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(茨城県 / 弁護士)
じょうばん法律事務所 

親身、ていねいをモットーに、わかりやすい説明を心がけています

弁護士に相談することができなかったために、問題を解決できなかったという方が多いと感じています。そのようなことにならないために「気軽に相談できる弁護士」を目指しています。

0297-77-5301
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

交際相手がいる女性と関係をもった場合 田中 圭吾 - 行政書士(2015/02/27 18:25)

慰謝料請求の時効 田中 圭吾 - 行政書士(2013/10/21 11:55)

示談書の添削依頼 田中 圭吾 - 行政書士(2012/12/18 09:27)

お金を貸した男が妻を騙って彼女に慰謝料請求 田中 圭吾 - 行政書士(2012/08/04 09:45)

別居4年と聞いていたが虚偽である場合 田中 圭吾 - 行政書士(2012/05/20 18:18)