被害者意識から抜け出すための一番簡単な方法 - 夫婦・家庭の不安 - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

斉藤ヒカル
斉藤ヒカル
(潜在意識セラピスト)
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

被害者意識から抜け出すための一番簡単な方法

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 夫婦・家庭の不安
夫婦問題 DV・モラハラ・浮気

こんにちは(^^♪

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。

 


自分が被害者だと感じてしまうときって、誰にでもありますよね。

 

パートナーシップにおいても

 

「夫のせいで私は辛い思いを強いられている」

 

というような感じにドップリはまってしまって、なかなか抜け出せないケースはとても多いです。

 

こんなとき、人は自分のことを非力な存在だと信じています。

 

「私は自分では何も出来ない」

 

と自分の力を見くびっていることが、被害者意識にハマった人を苦しくさせています。

 

 

被害者っていうと、何かとても弱いような感じがしませんか?

 

でも被害者意識にハマっている人は、周りにいる人にとっては大変な脅威です。

 

何しろずっと怒っていますから。

 

「私にはどうにもできないんだから、アンタ、何とかしなさいよ!!!」

 

って感じ。

 

そして

 

「私は辛いんだから、怒って当たり前よ~!!!」

 

という感じで、周囲に怒りをぶちまけることを、さも当然のことのように感じてしまいがちです。

 

周りの人は迷惑ですよね。

 

それに辛い。

 

でも本人も辛いんです。

 

相手次第で自分の運命が決まってしまうような悲劇の中に身を置き続けているわけですからね。

 


もし、この状態から抜け出したいのであれば、自分の力を信じることです。

 

「私は、自分でどうにか出来るんだ」

 

って、信じてみることです。

 

そのための方法として、自分の意思で選択し、その選択に責任を持つということをおすすめします。

 

でも、過去の選択について

 

「これは私が自分で選んだことだから、責任を持たなくちゃ」

 

と思うと、上手くいかないことが多いです。

 

パートナーに対して

 

「こんな私と一緒にいるだなんて、なんて可哀想な人なの~!!!」

 

とか

 

「こんな人を選んだ私が愚かだったのよ~!!!」

 

という感じがしてしまい、「責任」を自分を攻撃するための材料として使ってしまうことも多いです。

 

そうすると、ますますこの状態から抜け出しにくくなります。

 

ですから、今目の前にある小さな選択から始めてみるといいですね。

 

過去にした選択じゃなくてね。

 


自分で選んで、自分で決める。

 

それは誰かにさせられたことではありません。

 

あなたが自分の力で選んだことです。

 

そう、自分の力で出来るんです。

 

そうやって、自分で出来ることが増えていくたびに、被害者の位置から抜けやすくなっていきます。

 

 


すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。 

このコラムに類似したコラム

夫婦仲がちっとも良くならないときに確認したいこと 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/12/22 21:17)

*辛いときに意識すること* 田中 よしこ - 心理カウンセラー(2015/09/06 11:32)

*落ち込んでいるときの辛い事* 田中 よしこ - 心理カウンセラー(2015/08/08 17:52)

【お悩み相談】「再婚なのに白無垢とか、有り得ない」って言われました 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/08/04 08:31)

*五感を感じる* 田中 よしこ - 心理カウンセラー(2015/07/25 18:41)