天動説か地動説か - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

森本FP事務所 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

天動説か地動説か

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
くらしを守るマネー管理術 FP森本直人は、こう考える

天体の話ですが、500年くらい前までは、
地球を中心に、太陽や月や星が回っているとする見方(天動説)
が常識として、支持されていたようです。

ところが、その後、コペルニクスにより、
太陽を中心に、地球やその他の惑星が回っているとする見方(地動説)
が唱えられました。

いわゆる「コペルニクス的転回」です。

そして、17世紀に入り、ガリレオ・ガリレイが、
天動説では説明できない現象を次々と発見していきました。

けれど、地動説は、なかなか信じてもらえなかったようです。

ガリレオは、地動説を唱えた結果、宗教裁判にかけられ有罪となりました。

そのとき「それでも地球は動く」と呟いたといわれています。


これを金融の世界に例えてみようと思います。

まず、私たちの生活があり、その周りを世界経済や株や外貨が動いている
とする見方は、1)天動説です。

世界経済を中心に、株や外貨の動きがあり、そして、私たちの生活がある
とする見方は、2)地動説です。

一般的な感覚では、1)天動説の見方をとりますね。

でも、現実的な見方は、2)地動説です。

世界経済が大きく変化すれば、私たちの生活も必ず大きな影響を受けます。


例えば、今、1ドル=107円台まで急速にドル高が進んでいます。

天動説の見方では、ドル高は、私たちの生活とは無関係です。

一方、地動説では、私たちの一番身近な資産「円」の価値が動いていると考えます。

急速な円安ドル高は、米国の景気動向や金融政策にも要因がありますが、
日銀による異次元の金融緩和策も関係しています。

この金融緩和策を際限なく続けると、理屈の上では、円が安くなり、物価が上昇します。

物価の上昇は、私たちの日々の暮らしに多大な影響を及ぼします。

いったん物価の上昇が始まれば、その上昇を抑えるのは、おそらく困難でしょう。

天動説のままでは、生活が脅かされつつある事実に気付けません。

金融の見方も、天動説から地動説に転換した方がよいと思われます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「くらしを守るマネー管理術」のコラム

投資をしない理由(2016/10/28 17:10)

安心なサービスの選び方(2016/08/26 16:08)

このコラムに類似したコラム

景気回復の実感がわかない理由 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2015/01/08 19:05)

日銀バズーカ砲で家計はどうなるのか 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2014/11/04 17:05)

消費増税だけではない!? インフレの家計への影響は? 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2014/05/31 06:00)

50代の老後資金準備 辻畑 憲男 - ファイナンシャルプランナー(2016/02/20 10:22)

老後資金準備 辻畑 憲男 - ファイナンシャルプランナー(2016/02/02 15:06)