アルゼンチン対外債務不履行2001年の残滓 - 投資相談全般 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:投資相談

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アルゼンチン対外債務不履行2001年の残滓

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. 投資相談全般
資産運用の原則 資産配分(アセットアロケーション)

6月19日の日経新聞朝刊に「アルゼンチン再び苦境 デフォルト時の債務、米で支払い命令」という見出しが載っていました。まだ続いていたのかと吃驚し、当時を再認識するために、カーメン・Mラインハート&ケネス・S・ロゴスの著書「国家は破綻する」を開いて、索引のアルゼンチンでページを探し読み返しました。

見出しで言うデフォルト時とは、アルゼンチンが2001年に引き起こした、過去最大950億ドルの対外債務のデフォルトです。
発生の際には、日本でも多くの一般投資家が購入していましたから、大きな事件として扱われました。2001年という21世紀の出来事であった点で、二度びっくりです。14年かけてもまだ解決されていないことにも驚いています。

「国家は破綻」するにも、「このケースは、利払いの減額と繰り延べ処理によって対処された」。と書かれているように私は過去のものとの認識であったからです。

記事にもありますが、債権者の93%は2005年と2010年にヘヤーカット率70%と繰り延べに合意しました。残る7%(150億ドル)の内一部のファンドが全額返済を求め米国の裁判所に訴えていた(約13億3000万ドル)分が米最高裁で結審しました。

このため、この裁判所命令に従うと、仮に150億ドルすべてを返済すると、アルゼンチンは再びデフォルトになるのではと懸念されています。アルゼンチンの外貨準備高は2013年末時点で305億ドルであり、支払えば外貨準備が払底する懸念があります。

今後の動向は不透明ですが。もし、アルゼンチンが再度デフォルトしますと、下記の期間で6回目になります。
ところで、アルゼンチンは第二次世界大戦後、1951年、1956年、1982年、1989年、2001年の五回にわたり、デフォルトまたはリスケジューリングを行っています。
何回目と書くくらいですから、アルゼンチンの国債を購入した人が5回居たわけです。

なお、2001年から2008年(リーマンショックの年)、だけ手背も、世界の債券市場で対外債務のデフォルトまたはリスケジューリングを行った国は、アルゼンチン(2001)、ドミニカ共和国(2005)、エクアドル(2008)、パラグアイ(2003)、ベネズエラ(2004)、ウルグアイ(2003)、ナイジェリア(2001、2004)、インドネシア(2002)、ミャンマー(2002)もあります(以上国家は破綻するより)
近々ではギリシャのヘアーカットと繰り延べが世界を震撼させました。

一般投資家の方たちは、販売者から「今度は違う」と言われて購入したのではないでしょうか。高金利に惑わされて、経済基盤が弱い国の国債購入は、大きなリスクを取っているのだとお考えください。

日本政府の国債及び借入金並びに政府保証債務現在高(平成26年3月末現在)は
1,069兆4,894億円です。


FP学会会員
独立系顧問料制ファイナンシャル・アドバイザー
オフィス マイ エフ・ピー 代表 吉野 充巨
FPプラス投資助言で人生設計から資産形成まで一貫してサポート
保険や投資信託を販売しないファイナンシャル・プランニングの専門家。
あなたのセカンドライフ・プランに適した期待リターンとリスク許容度で資産配分とポートフォリオ構築を口座開設から銘柄選定までサポートします。

【保有資格】
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFP®
日本証券アナリスト協会認定 プライマリー プライベート・バンカー

『このコラムは、投資判断の参考となります情報の提供を目的としたものであり、有価証券の取引その他の取引の勧誘を目的としたものではありません。
投資による損益はすべて読者・ご相談者ご自身に帰属いたします。投資にあたりましては正規の目論見書、説明書等をご覧いただいたうえで、読者・相談者ご自身での最終的なご判断をお願いいたします。
本コラムは、信頼できると判断した情報に基づき筆者が作成していますが、その情報の正確性若しくは信頼性について保証するものではありません。』

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「資産運用の原則」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

料金
20,000円

様々な実証研究によれば、資産運用の成果の91%は資産配分(アセットアロケーション)によって決まると報告されています。
あなたのリスク許容度に応じた資産配分や、期待するリターン等による資産配分を測ってみませんか。
明日からの資産運用に役立ちます。

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

このコラムに類似したコラム

手に入れたお金をふやすための情報をどのように活かすか 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2015/05/28 21:33)

上海総合指数低迷 先進国・新興国株価指数・国債利回り・商品先物価格週間騰落率 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/05/15 16:26)

ギリシャの概況と債務問題、日本への影響は軽微な見通し 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2015/07/12 17:13)

2015年7月10日(金曜) 株価指数・長期金利・商品先物価格週間騰落率 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2015/07/11 14:41)

長期投資家はギリシャ問題・中國株式急落も慌てない 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2015/07/10 17:20)