スキンケアクイズ 【肌老化】 - スキンケア - 専門家プロファイル

日刊美容液新聞 編集長
岐阜県
スキンケアカウンセラー/美容液研究家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

スキンケアクイズ 【肌老化】

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. スキンケア
スキンケア 最新情報

スキンケアカウンセラーの松原です。

今日のスキンケアクイズは…


以下の3つの説明のうち、肌老化(悩み)を促進する説明として正しくないものはどれでしょうか!?
答えは下部にあります。

①紫外線はシミだけでなく、皮膚の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンを変性・硬化させるため、シワやたるみの原因になる。

②クレンジング後にメイクが残っている場合、そのまま放置すると肌に浸透してシミになってしまう。

③顔の皮脂は、時間とともに酸化して肌に残ったままになると、毛穴の開きに影響を及ぼす。





























答えは②です。

メイク料の分子は大きいため、肌に浸透して色素沈着を引き起こすレベルはありません。シミとメイク料の関係は皆無です。世の中の風評に惑わされないようにしましょう!

①…紫外線は、あらゆる肌老化を促進する最強の難敵です。紫外線対策の良し悪しが、10年先の素肌に現れると言っても過言ではありません。

③…酸化した古い皮脂は「過酸化脂質」と呼ばれ、毛穴の開きを促し、その毛穴の開きが連なってシワになることが確認されています。朝晩の洗顔料による洗顔を心がけましょう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(岐阜県 / スキンケアカウンセラー/美容液研究家)
日刊美容液新聞 編集長

徹底的に美肌を追求するスキンケアの専門家

長年に渡る独自の化粧品研究、スキル、経験、専門知識を元に、エビデンス(科学的根拠)が高いスキンケア法を常に模索しております。特に、美容液のリサーチには余念がありません。流行の波に偏らない、本物の情報を発信させていただくことをお約束致します。

カテゴリ 「スキンケア」のコラム

日刊美容液新聞創刊!(2015/01/22 13:01)

YAHOO!BEAUTY に記事が掲載!(2014/12/10 12:12)

このコラムに類似したコラム

タバコは美肌の大敵 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/05/30 10:40)

50代以上の女性の肌が若々しく見られるための秘訣とは!? 松井 千恵美 - マナーコンサルタント(2015/11/20 11:17)

化粧品の防腐剤成分「メチルパラベン」は、シミ・シワを増やす!? 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2015/02/09 09:52)

40代50代のメイクは「品」 松井 千恵美 - マナーコンサルタント(2014/11/04 07:00)

「コラムlatte」に最新執筆記事【日焼け後のスキンケア】が掲載されました。 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/07/30 12:00)