脂性肌(オイリー肌)の人が注意すべきこととは!? - スキンケア - 専門家プロファイル

日刊美容液新聞 編集長
岐阜県
スキンケアカウンセラー/美容液研究家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

脂性肌(オイリー肌)の人が注意すべきこととは!?

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. スキンケア
スキンケア 最新情報

スキンケアカウンセラーの松原です。
今日もお付き合い下さい。


スキンケアにおける「皮脂」と言えば、顔を思い浮かべますが、実はほぼ全身に分布しております。皮脂腺がない部位は、手の平と足の裏のみ。
皮脂量が多いのは、額>頭皮>鼻>となっており、背中や胸なども比較的多い傾向にあります
(多少の個人差はあり)

10代後半が分泌量が最も盛んな時期で、女性は30代初め頃~、男性は50代半ば頃~減少します。また、季節によっても左右され、気温や湿度が高い夏は、冬の2倍近く分泌されます。


皮脂は、様々な成分(中性脂肪・ワックスエステル・脂肪酸・スクアレンなど)で構成されており、弱酸性です。肌が弱酸性なのは、この皮脂が弱酸性であるためで、脂性の人ほど酸性になりやすく、女性よりも皮脂量が多い男性のほうが酸性肌と言えます。


そして、
脂性肌(オイリー肌)の人が注意しないといけないのは、
洗顔のやりすぎ


皮脂は、皮脂膜によって分泌がコントロールされていますので、皮脂膜がなくなると皮脂腺は活発になり、分泌量が増えます
つまり、脂性肌だからと言って、頻繁に洗顔をやりすぎると、皮脂腺の起動が多くなり、さらに脂性肌に拍車がかかるということ

ただし、古くなった皮脂を肌に残しすぎるのも、美肌を目指す人にとってはマイナスなんですね…
このサジ加減が重要です。

ここからの続きがとても重要なのですが、「皮脂と肌老化の関係について」は、次回詳しくお伝えします。
必見です!


美しく歳を重ねたいと思われる人は、是非今後もこのコラムをご覧下さい。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(岐阜県 / スキンケアカウンセラー/美容液研究家)
日刊美容液新聞 編集長

徹底的に美肌を追求するスキンケアの専門家

長年に渡る独自の化粧品研究、スキル、経験、専門知識を元に、エビデンス(科学的根拠)が高いスキンケア法を常に模索しております。特に、美容液のリサーチには余念がありません。流行の波に偏らない、本物の情報を発信させていただくことをお約束致します。

カテゴリ 「スキンケア」のコラム

日刊美容液新聞創刊!(2015/01/22 13:01)

YAHOO!BEAUTY に記事が掲載!(2014/12/10 12:12)

このコラムに類似したコラム

毛穴の黒ずみの正体とは!? 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/07/01 11:36)

「コラムlatte」に最新執筆記事が掲載されました。 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/06/12 07:14)

肌質を正しく理解することが美肌スキンケアの第一歩! 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/04/25 10:27)

古くなった●●は肌老化を促進する! ~悩みやトラブルの始まりのサインとは!?~ 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/04/24 10:38)

昔からの古いスキンケア理論をリセットしましょう! 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/04/20 09:47)