肌質を正しく理解することが美肌スキンケアの第一歩! - スキンケア - 専門家プロファイル

日刊美容液新聞 編集長
岐阜県
スキンケアカウンセラー/美容液研究家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

肌質を正しく理解することが美肌スキンケアの第一歩!

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. スキンケア
スキンケア 最新情報

スキンケアカウンセラーの松原です。
今日もお付き合い下さい。


皮膚は、基本的には皆同じ構造を持っていますが、遺伝・生活習慣・環境によって機能や働きが異なるため、肌質が違います。(特に遺伝的な部分が大きい)

肌質は、加齢やホルモンバランスなどによって変化しているので、常に良い状態を保つためにも、自分自身の正しい肌質を知り、その肌質に合った適切なケアが、美肌を維持する分かれ道になります。


右図のように、肌質は4つのタイプにわかれますが、以外とこのバランスを熟知していない人が多いようです。

肌質は、肌の水分が多いか少ないか油分(皮脂)が多いか少ないか、この2つの要素で決まるということを覚えておいて下さい。

「混合肌」という言葉がよく使われますが、ここで言う「乾燥脂性肌」の部分に相当するものと思われます。
しかし、ほとんどの人は顔の部位によって水分量も皮脂量も違います。⇒Tゾーン(額・鼻・鼻周辺頬の皮脂が多い部位)とUゾーン(Tゾーン以外の顔皮膚部位)の肌質が同じという人はあまりいません。
つまり、イメージ的な感覚で使用している人が大半で、本当に混合肌という肌質が存在するならば、ほとんどの人が混合肌ということになってしまいますね…

肌質はUゾーンで判断し、スキンケア化粧品もUゾーンを基準に選ぶことがポイントです。


この4つの肌タイプの中で理想なのは、当然「普通肌」です。
水分が多く皮脂が少ない、いわゆる「赤ちゃん肌」と呼ばれ、プルプル感があります。

しかし、加齢とともに皮脂の分泌量や水分量が変化していき、多くの人は乾燥肌傾向になることが多く、いつまでも理想の肌を維持することはできません。
これは、年齢による肌の機能低下のため、ある程度受け入れる必要があります。


スキンケアで重要なことは、理想の肌を少しでも長く維持できるよう、まずは自分の肌質を理解し、その肌質に見合った美容成分が含まれた化粧品を選ぶこと!そうすれば、毎日の肌の手入れに悩む必要はなくなります。

次回は、4つの肌タイプとは別に存在する「敏感肌」について解説させていただきます。

美しく歳を重ねたいと思われる人は、是非今後もこのコラムをご覧下さい。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(岐阜県 / スキンケアカウンセラー/美容液研究家)
日刊美容液新聞 編集長

徹底的に美肌を追求するスキンケアの専門家

長年に渡る独自の化粧品研究、スキル、経験、専門知識を元に、エビデンス(科学的根拠)が高いスキンケア法を常に模索しております。特に、美容液のリサーチには余念がありません。流行の波に偏らない、本物の情報を発信させていただくことをお約束致します。

カテゴリ 「スキンケア」のコラム

日刊美容液新聞創刊!(2015/01/22 13:01)

YAHOO!BEAUTY に記事が掲載!(2014/12/10 12:12)

このコラムに類似したコラム

「コラムlatte」に最新執筆記事【美肌キープのために行うべき3つの美生活習慣】が掲載! 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/10/02 12:00)

「コラムlatte」に最新執筆記事【秋にお勧めの美肌スキンケア】が掲載! 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/10/01 12:01)

日本最大級のハウツーサイト「nanapi(ナナピ)」に、保湿美容液についてのコメントを提供いたしました。 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/09/03 15:33)

「コラムlatte」に最新執筆記事(ピーリングの美肌効果まとめ)が掲載されました。 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/07/10 11:00)

「コラムlatte」に最新執筆記事(夏の美肌スキンケア)が掲載されました。 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/07/03 11:00)