親父の居場所 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

親父の居場所

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●家を建てよう!!

昔の家は親父の居場所が決まっていました。
家には必ず座敷があり、床の間や仏壇が備えられてあり、それを背にして胡座をかいて座っていると云うのが親父の居場所の定番でした。そこから殆ど動かず、用がある時は家族を呼びつける。食事も食堂に行かずオヤジの前に食卓が据えられ、そこで食事をとりました。家族の座る位置も自然と決まりそこに座ると何故か居心地の良さも感じました。

振り返って、現在新築されている住宅の間取りに親父の居場所はあるでしょうか。
まず、和室がありません。あってもゴロリと横になったり、赤ん坊を寝かせたり、親父が威厳を持って座る空間とは乖離しています。現代の間取りには親父の居場所はないのです。
これは親父にも責任がありまして、殆どプランの段階で間取りに口を出しません。「自分は帰ったら寝るだけだから間取りは嫁さんに任せている」と云うのが定番の逃げ口上です。家が出来上がって自分の居場所のないのに気づき疎外感を感じても後の祭りです。

今の親父は家へ帰ると何をするのか、本当に寝る空間があれば良いのか。休みの日はどう過ごすのか。家族とのコミュニケーションをどう取るのか。子育ては母親に任せていないか。
その当たりを考えてみると、親父の居場所が浮かんで来るようにも思えます。昔の様に定番はないでしょうが、家族ごとの親父の居場所があるように思えます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●家を建てよう!!」のコラム

居場所と間取り(2014/01/22 08:01)

悪徳ビルダーにご用心(2013/12/19 08:12)

リフォームの心得(2013/12/07 09:12)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 新築・増改築のご相談

住宅性能表示制度や長期優良住宅やエコポイントにも対応する、環境とお財布に優しい住まいの提案

料金
無料

経済的な熱損失計算(性能基準)で、次世代省エネ基準を取得できる提案をします。
構造等級3を基本にご相談いたします。木造三階建て等で行う応力度計算も自社で行いますので、意匠と構造の齟齬がありません。
また、IAU型免震住宅設計資格取得者として、免震住宅等の相談も行っています。

新築・増改築のご相談

このコラムに類似したコラム

お久しぶりです 村上 春奈 - 建築家(2015/01/19 15:19)

House_IM -箱と自在な内の家- 宮原 輝夫 - 建築家(2014/09/23 12:10)

モノはもう要らない。そんな家をイメージしてみよう 松岡 在丸 - 建築プロデューサー(2014/06/16 20:41)

親バカでいい。親バカで何が悪い? 松岡 在丸 - 建築プロデューサー(2014/05/29 13:24)