和風建築デザインに神髄とか秘密はあるの? - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

忘蹄庵一級建築士事務所 代表
東京都
一級建築士
03-5940-5712
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

和風建築デザインに神髄とか秘密はあるの?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
和風を表現すること

「数寄屋」はどこか捉えどころのなさを感じてしまうのではないかと、先に触れましたが、和風建築デザインにとっておきの秘密や決まり事はあるのでしょうか?

和風建築は本質をとらえれば自由にデザインを展開できる一方で、バランスを崩さないようにする必要があります。「バランスを崩さないように」とは、また捉えどころの無い言い方ですがこれはデザインに際して絡み合う様々な要素である、空間構成だったり、材料の組み合わせだったり、寸法のバランスであったり、建築以外の庭や景観といった外部との関係だったり、様々な要素が絡み合った「構成美」によって和風建築が成り立っているとも言えるからです。

なんだか難しい話になりそうと思われるでしょうが、順を追って和風建築がどのようにデザインされているのかを、それぞれの構成要素に分けて読み取っていくと少し理解できることと思います。

これからご説明する和のデザイン手法を読み取ることで、和風建築の見どころを知る一助になったり、家を建てたり改修したりするときにちょっと和のデザイン要素を取り入れようかなと思ったりしていただければ幸いです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 一級建築士)
忘蹄庵一級建築士事務所 代表

専門家の立場でご要望に親身に対応します

長く使い続けていただける心配りの行き届いた居心地のよい建築空間をご提供したいと考えています。新築だけでなくリフォームやリノベーションの実績も多数あります。既存住宅状況検査や耐震診断などを行って中古物件に価値を生み出すことを大切にしています。

03-5940-5712
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「和風を表現すること」のコラム

このコラムに類似したコラム

和風建築の見どころ「座敷」 -装飾されたおもてなし空間- 堀 紳一朗 - 一級建築士(2014/02/01 18:06)

和風建築の見どころ「廊下」 -つなぎの空間- 堀 紳一朗 - 一級建築士(2014/01/29 17:00)

和風建築の見どころ「軒・縁」 -庭と対話する空間- 堀 紳一朗 - 一級建築士(2014/01/25 17:00)

和風建築の見どころ「玄関」 -出会いの場でのおもてなし- 堀 紳一朗 - 一級建築士(2014/01/22 17:00)