和風建築の見どころ「座敷」 -装飾されたおもてなし空間- - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

忘蹄庵一級建築士事務所 代表
東京都
一級建築士
03-5940-5712
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

和風建築の見どころ「座敷」 -装飾されたおもてなし空間-

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
和風を表現すること

畳敷きの部屋を座敷といい、客間として使う座敷であれば床の間や違棚、付書院などが備わります。座敷では最も注目を集める床の間のデザインが重要になります。床の間と座敷のバランスで空間が成り立つと言っても過言ではありません。また次の間、入側、縁側、土庇などの座敷をとりまく空間が座敷の空間を豊かなものにしてくれます。座敷はいくつもの空間の組み合わせによって成り立っているのです。

座敷ではまず最初に柱の樹種や形状を決めることが重要になります。構造上はもちろんのこと建物全体の計画をも左右するからです。なぜなら畳の寸法が決まっているので柱の太さが決まれば畳と柱の大きさで平面が展開されていくからです。柱の太さが決まるとそれに見合うバランスで天井廻縁、長押、方立て、建具といった各部材の寸法が決まっていきます。また和風の素材には真、行、草という様式的な分類があり、求められる座敷の雰囲気によって使い分けます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 一級建築士)
忘蹄庵一級建築士事務所 代表

専門家の立場でご要望に親身に対応します

長く使い続けていただける心配りの行き届いた居心地のよい建築空間をご提供したいと考えています。新築だけでなくリフォームやリノベーションの実績も多数あります。既存住宅状況検査や耐震診断などを行って中古物件に価値を生み出すことを大切にしています。

03-5940-5712
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「和風を表現すること」のコラム

このコラムに類似したコラム

和風建築の見どころ「廊下」 -つなぎの空間- 堀 紳一朗 - 一級建築士(2014/01/29 17:00)

和風建築の見どころ「軒・縁」 -庭と対話する空間- 堀 紳一朗 - 一級建築士(2014/01/25 17:00)

和風建築の見どころ「玄関」 -出会いの場でのおもてなし- 堀 紳一朗 - 一級建築士(2014/01/22 17:00)

和風建築の見どころ「屋根」 -軽やかな起伏- 堀 紳一朗 - 一級建築士(2014/01/18 17:00)