起業で何がしたいのか、問われている - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

起業で何がしたいのか、問われている

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 時代の変化と同様に、起業の進め方も変化しています。起業に向かう、動機付けも変化しています。昔なら、「この商売をしたなら確実に儲かる」と言った動機で起業をして、事実そのようになった起業家は大勢いました。今は、儲けだけを目的にした場合の起業は、ほとんど難しい時代になっています。

 現代のビジネスでは、自己都合だけで起業しても、お客さんには見向きもされません。お客さんに役立つことを第一に考えないと、起業が成り立たなくなっています。何故かといいますと、昔と違って目的が同じ類似商品やサービスが市場に溢れているからです。作り手や売り手の事情より、買い手の事情が優先されます。

 そのため、売り手はこれまでになく情報提供が求められます。薬のパッケージを見てください。箱や容器、説明書に書かれている文字数は、20年前の約2倍近くになっています。特徴や効果、使用上の注意、成分、保管と取り扱い注意など、びっしりと書かれていて、全てはいかに役立つかばかり。

 儲けたいなどといった下心は一切書いていませんが、役に立つことによって儲けることもできる仕組みです。薬は典型ですが、現代のどのようなビジネスでも、お客さんに役立つことだけに絞ってビジネス展開をしています。起業にとっての大事なポイントは、ここにあるとわたしは思っています。

 規模の小さな自営業や小企業の場合、ビジネスや仕事と言うより起業は生き方です。お客さんに役立つことに焦点を絞って、全力で取り組むことが求められます。以前は、「お客さんは神様です」と口にしましたが、実態は自分が儲けるために、「お客さんは神様」でした。

 今は、起業したならば、趣味や遊ぶ気持ちは捨てたほうはよいです。それほど、全霊を籠めて起業に打ち込めない限り、起業で食べていくのは難しい時代。起業することで何がしたいのか、答えははっきりしています。お客さんに役立つためであり、そのために何をするか考える時代です。 

このコラムに類似したコラム

いじめ社会が起業に大きな影響を与えてる 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/03/02 20:29)

起業に向けて今年の正月福袋 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/01/04 20:29)

2013年を振り返って考えたこと 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/30 20:27)

平等社会にすることが豊かさの条件 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/06 20:24)

起業をシンプルに考えるとやる気が湧く 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/06/24 20:54)