起業をシンプルに考えるとやる気が湧く - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

起業をシンプルに考えるとやる気が湧く

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 今年のプロ野球の話題は、勝手にすり替えられた飛ぶボールばかりではありません。プロ入り5年目で、これまで泣かず飛ばずだった年棒440万円のロッテ・西野勇士投手が、早くも7勝を上げています。今シーズンが初めての1軍登板ですから、本当に劇的な人間ドラマです。

 プロ野球選手は、職業として球団に所属しているとは言え自営業者です。シーズン始めの契約によって所属が決まり、その後は成績次第で年棒が上がりもすれば、下がることもあります。通常、4年も成果を出せない場合、整理選手となって、選手登録から抹消されることさえあります。

 この仕組みを考えますと、ほとんど起業する人と同じような背景の中を生きています。野球選手は、野球という競技の中でスキルを磨いて成果を上げようとします。起業家は、ビジネスの世界で能力を高め、大きな成果を上げることによって生き抜くことができます。

 これまでは、最低クラスの年棒440万円の投手も7勝を上げますと、今シーズンオフには数千万円に大幅上昇するのがプロ野球の世界。ビジネスの世界も若い、中高年に関係なく、お客さんを多数集め、商品やサービスを多く売りますと、収入が大幅に上がる世界です。

 基本的構造はとてもシンプルで、要は成果を上げれるか、どうかに掛かっています。大事なことは、野球なら勝利数や打率であるのに対し、ビジネスの場合は収益です。売上げを多く上げ、経費を少しでも減らして、利益を上げること。起業もプロ野球同様にシンプルに考えますと、やる気が湧いてきませんか?

【一言】
 プロ野球ばかりでなく、Jリーグのサッカーにしろ、大相撲にしろ、競馬、競輪、競艇など、プロスポーツの世界で生きる選手は大勢います。芸能人にしろ、士族にしろ、自営業者や小企業経営者はたいへんな数になります。会社勤めとは違って、誰もが自分の収入分は、自分の才覚によって収益を上げています。決して起業することが、桁外れに難しいわけではありません。問題なのは、自分の能力を冷静に判断してから起業することです。

このコラムに類似したコラム

起業で何がしたいのか、問われている 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/01/01 21:03)

もし、安倍首相と猪瀬前知事が起業したなら 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/25 20:39)

平等社会にすることが豊かさの条件 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/06 20:24)

起業にとって“直感”は大きな武器 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/10/11 20:33)

起業するなら自分の成長力に賭けることも 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/10/04 20:33)