いじめ社会が起業に大きな影響を与えてる - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

いじめ社会が起業に大きな影響を与えてる

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 わが国では、学校でいじめがとても増えています。12年度の文部科学省の調べでは、全国の小中高で19万8千件。前年の2.8倍で過去最高の件数です。いじめに対する認識自体に、地域によるばらつきがありますが、全体として増えていることは間違いないようです。

 いじめは、連鎖していきます。いじめられた人が弱い人をいじめる行為は良く知られていて、親が子をいじめたり、先輩が後輩をいじめる流れは、この連鎖に基づいています。起業にとっていじめの影響が怖いのは、人と違ったことをする人間を減らしていることです。

 いじめの構造の一つに、自分や自分たちと違う人間を排除しようとする心理があります。いじめる側も、自分と違っている人間は不可解で怖いのです。多くの人間の集合体で、皆がバラバラの発想をしますから、起業の動機が生まれます。同じ行動と発想をしていては、起業が入り込む隙間がありません。

 日本社会は、第二次大戦前の1920年から40年にかけ、国の政策として戦時体制のために、同一価値観、同一発想を国民に強いました。集団における連帯責任や国民総動員などの仕組みです。これらは、権力者が国民を支配しやすくする体制を作るためです。

 この仕組みが戦後社会にも残ったことで、個性の強い日本人は海外に流出することになります。本来、自分と他人が違うことを認め合う組織では、起業する人が続々と生まれます。学校では慶応大学や同志社大学、企業ではリクルートや野村證券など、起業する人がとても多い個性の強い組織です。

 今の日本のいじめは、グローバル化が進んだ海外の各国と同じで、国民間の格差が広がっていることと関連があると思われます。5年先、10年先を考える余裕がないため、明日のことばかりを考える息苦しさがいじめを招いています。将来に夢を持つなら、起業を考える人が増えますし、いじめも少なくなります

このコラムに類似したコラム

起業で何がしたいのか、問われている 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/01/01 21:03)

週刊東洋経済までもが起業特集を 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/06/11 20:39)

今日から始めよう!英動詞で鍛える起業力【admire】 菅原 茂夫 - 税理士(2011/11/22 12:00)

官僚には言われたくない、起業リスクを取る取らない 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/04/23 20:37)

準備不足による起業の失敗は後を引きます 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/04/22 20:49)