政治も起業も、アマチュアは問題ですか? - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

政治も起業も、アマチュアは問題ですか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 辞任を決めた猪瀬都知事の発言「政治家としてはアマチュアでした」 同じような発言は、起業で失敗した人からもよく聞きます。「経営に関して、ほとんど素人でした」 実際、起業する人の中には、経営に関する知識のほとんどない人がいます。1度か2度、起業セミナーに参加しただけで、経営を知った気分になっている人です。

 それでは、プロならば政治も、起業も上手くいくかといいますと、そう単純な話ではありません。企業経営者の中には、10年、20年と会社経営をしてきた人から、「経営に関してはまだまだ」という言葉をよく聞きます。わたしが思うに、平時の経営にはそれなりの自信はあっても、変化の時の対応ではまだまだと言うことのようです。

 結局、猪瀬さんの発言で一番説得力があったのは、「やや傲慢になっていた」というところです。ジャーナリストがいきなり落下傘で副知事になり、石原前知事の辞任による選挙で433万票を集めて知事就任。あまりに話が上手くいきすぎで、何かしら落とし穴があるのではないかと、疑ってかかる慎重さが必要でした。

 ビジネスにおいても、この上手くいくことを狙って失敗するケースがあります。典型的な例が、フランチャイズでの経営です。3日間の経営者研修を得て、いきなりオーナーと言った仕組みの本部さえあります。多くの場合、「オーナーとしてぼちぼち経営を覚えてもらって」と言われ、その気になったけれど失敗といったケースです。

 退職して、直ぐ会社設立といったケースでも、似たような失敗はあります。会社登記からお客さん作り、仕入れ交渉など、全てを一人でやろうという精神は、やる気と根性は買いますが無理です。やっぱり傲慢としか思えません。横柄な態度が傲慢であるばかりでなく、自分の能力を過剰評価するのも傲慢の一つです。

 猪瀬さんの場合、秘書は一人だけいたようですが、ブレーンがまったくいない悲劇でもあります。人よりも頭脳明晰というプライドのある人でしたから、誰にも助けを求めない傲慢さが災いしていました。知事就任までの事前準備が不足している上に、まったくブレーンなしで知事選挙から都政運営を行う無謀さです。

 起業のおいても、猪瀬さんと同じような失敗をしている人が多いです。モノゴト、一人で考えるよりは、二人、三人と知識と知恵を集めることは大事です。起業の場合は特に、あまり経験のない人が経営を行うわけですから、ブレーンがいるかいないかは、直ぐに結果となって現れます。傲慢な起業は失敗のもとです。

【一言】
 起業コンサルタントが、起業でのブレーンの必要を語るのは手前味噌に聞こえるかも知れませんが、これは真摯に受け取ってもらった方がよいです。長年経験のあるコンサルタントですと、事前準備のない起業にはストップをかけるはずです。猪瀬さんの失敗は、これから起業する人には他人事ではありません。特に、能力のある人ほど陥いやすい失敗です。

このコラムに類似したコラム

10年前の起業、今現代の起業 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/23 20:23)

起業支援をする人が初心者では・・ 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/07/10 20:43)

起業コンサルタントのデフレチックな悩み 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/05/08 20:41)

フランチャイズでの起業のポイント(5)フランチャイズの難しさ 岸井 幸生 - 公認会計士・税理士(2013/01/19 08:00)

フランチャイズでの起業のポイント(3)能力を見極めろ! 岸井 幸生 - 公認会計士・税理士(2012/12/17 12:18)