厚生年金基金4割、解散を検討 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

株式会社リアルビジョン 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

厚生年金基金4割、解散を検討

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計

皆さんこんにちは、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、

渡辺です。

 

日本経済新聞の記事によると、

企業年金の一種である厚生年金基金の4割が解散を検討していることが分かった。

日本経済新聞社と格付け投資情報センター(R&I)が実施した『日経企業年金実態調査』で明らかになった。

国は財政状況が厳しい厚生年金基金に解散を促している。

 

厚生年金基金は独自の企業年金と、

公的年金である厚生年金の一部を一体で運用している。

運用難を背景に代行部分にまで損失を抱える『代行割れ』に陥っている基金が多い。

こうした財政難基金に5年以内に解散を促す法律が来年4月に施行される。

 

調査では全国555の厚生年金基金を対象に実施し、

166基金から回答(複数回答)を得た。

今後『解散する』は40.3%で、『現状維持』は20.5%だった。

『未定』は27.1%で、今後解散を検討する基金がさらに増える可能性がある。

 

企業年金につきまして、

かつての高度経済成長の頃でしたら、

極端な言い方をすると黙っていても株価は上がっていったものですが、

昨今の株価の動向をみても分かるとおり、

なかなか思うような運用実績を上げられず、

『代行割れ』に陥ってしまっている基金がおおくなっているのですから、

流れとしては仕方がないのかも知れません。

 

そうなると自分自身で将来のライフプラン設計として、

老後資金の準備に向けて、

早い時期からしっかりと計画的に準備していく必要性が、

これからはより一層高まってくることになります。

 

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。

マネーに関する悩みや不安を解消するリアルビジョン

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

電話相談 50歳から始めるセカンドライフプラン(提案書など特典付)

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

料金
40,000円

老後のための『セカンドライフプラン設計』のうえで、
50歳からの10年間はとても重要な時期です。

老後を迎えるにあたり、『老後資金』の確保、『住宅ローン』の完済、『生命保険の見直し』
などしっかりと行ったかどうかで、
10年後に大きな違いとなって現れます。

そこで、経験の実績豊富なファイナンシャル・プランナーが、何の不安もない、ゆとりある老後を迎えていただけるようアドバイスします。

50歳から始めるセカンドライフプラン(提案書など特典付)

このコラムに類似したコラム

企業年金の2割『給付減額できる』 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2012/10/19 10:02)

定年後の働き方 西内 純 - ファイナンシャルプランナー(2012/06/04 14:12)

FPと考える企業年金 企業年金は必要? 新谷 義雄 - 行政書士(2010/09/15 18:00)

『103万の壁・130万の壁』は心の壁? 池田 弘司 - 生命保険アドバイザー・ITコンサルタント(2014/01/19 11:24)

「企業年金、大幅減少!?」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/08/03 20:35)