ガラスブロックからの雨水の侵入 - 新築工事・施工全般 - 専門家プロファイル

代表取締役
茨城県
建築家
0299-24-1343
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
田中 伸裕
(建築家)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ガラスブロックからの雨水の侵入

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 新築工事・施工全般
その他活動など いろんな話

今年は10年に一度という台風が来ましたね。

先日も賃貸住宅にお住いのお客様より連絡を頂いておりました。

 

雨が降ったりするとガラスブロックの下に水が溜まるとのことです。

何年か前にもそんなことがあったので・・・確か見積もりはしたような

気がするのですが。。。

 

最終的にはオーナー様の判断となりますからね。

前回は内側からのコーキングだけだったのでしょう。

 

今回は私も職人さんと現場に調査に行って来ました。

内側のボードは崩れてしまっているので、雨水の侵入は常態化して

いたようですね。

 

正直どこから水が入っているのかは断言できませんが、ガラスブロックの横や

下がそのような形跡があったのでその辺を見ていたのですが・・・

 

よーく見ると・・・ガラスブロックの中が少し汚れています。

更に良く見ると・・・下より上の方が汚れているのが分かります。

 

恐らく上から伝ったのがブロック内、横に流れているのではないかと思いますね。

 

新築はバブル時代で、オーナーさんも変わっているので・・・良く分からないところ

も多いのですが、上の方なのでは?とも思っています。※個人的見解では。

 

雨漏りがする・・・ということで見ると、上の方のコーキングが切れていることが原因

ということも多いのです。

 

この日、職人さんが見てみようと脚立を持ってこようとしたのですが・・・

雨で危ないので、後日天気の良い時に見て貰うことにしました。

 

雨で滑って落ちたりしたら・・・シャレにならないですからね。

 

先ず、屋根の方から見てみて見ます。

ダメなら足場を掛けないとダメでしょうね。。。

 

オシャレでいいのですが・・・外壁にはチョット・・・という感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(茨城県 / 建築家)
代表取締役

ちょっとした工夫で将来動線にも対応。長期快適な暮らしのご提案

今から将来を見据えて、最初にちょっとした施工工夫を加えてみませんか。「地震に強い」は当然として、省エネや老後・将来の経年改良など最初に工夫して、「将来のコスト負担を出来るだけ減らす」をご提案。知恵を絞って限られた予算の中で最善を尽くします。

0299-24-1343
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「その他活動など」のコラム

青森で見た鉄子さん(2016/11/03 12:11)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 家を建てる前に知っておきたいこと/茨城で家を建てる人

「家を建てる」その前に勉強しておくこと。

料金
無料

家を建てる・買う前に「最低限知っておくべきと思うこと」を計4回にまとめました。住宅取得に関する注意事項は多岐にわたりますが、その中でも最低限知っておいてもらいたいことを事前準備として一緒に勉強しましょう。

家を建てる前に知っておきたいこと/茨城で家を建てる人

このコラムに類似したコラム

今後の異常気象から考える住宅の計画。 信戸 昌宏 - 建築家(2016/09/27 12:00)

ベランダ防水 信戸 昌宏 - 建築家(2013/11/18 12:00)

傷ついたら直す! 杉浦 繁 - 建築家(2011/11/25 18:02)

13年前に完成した住宅のメンテナンス 栗原 守 - 建築家(2016/12/05 17:49)

タイル工事に入りました。 信戸 昌宏 - 建築家(2016/11/15 12:00)