「4人に1人が65歳以上に!」 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「4人に1人が65歳以上に!」

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
よもやまブログ

こんにちは!

 

さて、総務省が「敬老の日」に合わせ、65歳以上の高齢者の人口推計を発表しました。

それによれば、65歳以上の方は、過去最高の3186万人となり、総人口比25.04%と、初めて“4人に1人”が65歳という人口構成になりました。

最大の要因は、約700万人いる団塊の世代(1947から1949年生まれ)の方たちが、老齢期にさしかかる年代となってきたことです。

男女別では、男性1369万人、女性1818万人と、女性のほうが449万人多くなっており、女性の“長命”を裏付けています。

また、75歳以上のいわゆる後期高齢者の方も、43万人増えて、1560万人となりました。

今後、2024年に人口の30%、2030年には“3人に1人”が高齢者になると予測されています。

ただ、以前の総務省の人口推計では、25%超えは平成27年ごろと予測していたので、2年早まった形となっています。

従って、現時点の予測より、今後もさらに早まる可能性も考えられます。

 

いずれにしても、“長寿”は喜ばしいことではありますが、少子化の中の高齢者人口の増大は、国の歳出に占める社会保障費肥大化の最大要因となります。

税金や社会保険を負担する若年層が減る中、健常な高齢者の方は、今後、「自前の生活設計」が必須となってゆくことでしょう。

誰しもに、いずれ訪れる“老い”に備え、経済的な準備は、必要不可欠な時代となりました。

一日も早く、準備を始めたいものです。

 

さて、今日は、メルマガの発行日です。

今回は、「最近のヘッジファンド動向」について、書いていますので、ご興味がある方はご覧ください↓

http://www.mag2.com/m/0000121186.html

 

それでは、今週末も、良き日々となりますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

今週のメルマガ『ゆとり生活への道しるべ』アップしました 寺野 裕子 - ファイナンシャルプランナー(2014/05/17 21:47)

ゆとり生活への道しるべVol4更新しました。『週一のお金会議が継続の秘訣』 寺野 裕子 - ファイナンシャルプランナー(2014/04/07 00:18)

税金が戻ってくる?! 知らなきゃソンするお金の知識 松山 陽子 - ファイナンシャルプランナー(2012/12/09 13:00)

消費税増税に反対することについての一考。 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/06/23 09:00)