13年目の所信表明 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

須永豪・サバイバルデザイン 
長野県
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

13年目の所信表明

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
建築的

13年目のサバイバルデザインの所信表明を
アップしました。
http://www.sunaga.org/what.htm

--------------------

サバイバルデザインは

住居など「人が生きるための道具」をデザインしている建築家 (須永豪)です。

たとえば、杉の厚板だけで組む工法を開発し、これで建てています。
壁も屋根も全部が木で詰まった"不純物なし100%の木造"。

シンプル・頑丈で長持ちを実現し、
未来と地球に負の遺産を押し付けている、今日の『ダメだけど普通』の作り方からは、
完全に離脱している、「イチ抜けた!」の建築です。



家ごと引っ越せる木製コンテナ

これが、住居として一番の理想です。
8畳サイズの木製コンテナを4つ~8つほど、積み木のように組み合わせて間取りをつくって、
暮らしに合わせていくつか足したり、手を加え改造したり、
必要があればトラックに載せて引っ越しもする。使い込んだ旅行トランクのように。

生命は、生き延びて世代を次へと繋ぐために、移動し続けてきました。
動物は、安全に子育てをするために、住処を作るようになりました。
人間は、豊かに生きるために、道具を育てることを身につけました。
そして母なる土地は、本当は誰も『所有』などできない、永遠のものでした。

だから、いまから人間が住処を作るのなら、
地球の生命として身の程をわきまえた住居を、私は提案していきたい。

もちろん送電線と縁を切る独立電源、地中熱利用の冷暖房、
太陽でつくる温水などエネルギーの自給自足を、しかもローテクに組み込んで、
この社会の縛りからも「イチ抜けた!」



人・社会・地球はどうしようもなく繋がり合って生きている

だから、人の欲望をただ満足させるような物づくりではなく
「ひとつ作ることが、この世界をひとつ治すことになる」ように作ります。
こんな時代のひな形となる建築を、ひとつひとつ提案していきます。

サバイバルデザインと事務所に名付けたのは、須永豪が25歳のときでした。
「人間らしいサバイバルってなんだろう?」というこの問いは、
13年目の今日も、私の心の真ん中にあり続けています。

2013年7月4日 須永 豪

--------------------
(12年目のから、書き換えるところはほとんどありませんでした、ね)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(長野県 / 建築家)
須永豪・サバイバルデザイン 

人間らしい「サバイバル」ってなんだろう?

安心して寄り掛かれるおおきな木のような存在感と、ジャングルジムのような自由さと、楽器のような豊かな響きがある空間。そういうものを、木でつくりたい。

カテゴリ 「建築的」のコラム

このコラムに類似したコラム

階段の造作 松永 隆文 - 建築家(2014/09/22 18:09)

木造住宅から見る建築基準法の実情 福味 健治 - 建築家(2012/11/15 08:59)

土間コン打設 中郷 洋次 - 建築家(2012/07/26 21:21)

在来木造住宅は耐震等級1でも安全か? 福味 健治 - 建築家(2012/03/24 18:39)

ホールダウン金物の配置はどの様にして決めるか? 福味 健治 - 建築家(2012/03/18 07:51)