在来木造住宅は耐震等級1でも安全か? - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

在来木造住宅は耐震等級1でも安全か?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅

建物は地盤との関係で壊れ易い・難いが大きく異なります。木造の在来工法であれば、構造計算を行わず建築確認申請に出されるでしょうから、多分構造強度については曖昧なままかと思います。耐震等級1の意味するところは、建築基準法を満足するもののことです。つまり、地盤調査も何もしなくても耐震等級1になってしまいます。住宅性能保証制度等別の規制で地盤調査は行われるでしょうが、東日本大震災以降、地盤についての考え方が建築基準法は遅れていると感じています。建築基準法の趣旨からすれば、「法で規制する以前に建築士がしっかりと考えろ」と云う事になるのかと思いますが、専門家の間でも危機意識は薄い様に思います。

土から上の、上部構造部については、本震にはどうにか耐えられるかと思います。これは建物が健全であるかでなく、倒壊しないかと云う観点に立っての話しです。また、本震は持ち堪えても余震が来ればどうなるかまでは、法律は言及していません。
ですので、本震でもしダメージがあれば、改修工事か完了するまで、避難生活は避けられないと考えておいた方が良いかと思います。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

木造住宅の耐震診断の講習会受講ちゅう 浜田 肇一 - 工務店(2013/04/26 11:29)

木造耐震診断・改修講習会 福味 健治 - 建築家(2012/10/23 13:00)

コンクリート打放し仕上の断熱性 岩間 隆司 - 建築家(2011/11/04 10:42)

大震災で共有出来る情報など その1 八納 啓造 - 建築家(2011/03/15 09:12)

地盤と基礎工事のこと つづき 岩間 隆司 - 建築家(2016/06/18 09:30)