パワーポイントを元にしたワード資料をあっという間に作成する方法 - プレゼンテーションスキル - 専門家プロファイル

山田 進一
株式会社オリファイ 代表取締役社長
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

北島侑果
(司会者)
山田 進一
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2017年03月29日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

パワーポイントを元にしたワード資料をあっという間に作成する方法

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. プレゼンテーションスキル
パワーポイント

 

パワーポイントでプレゼン資料をつくって、
ワードで補足・詳細資料を作成することってありませんか?

そんなときアナタは、パワーポイントのプレゼン資料から
いちいちコピーアンドペーストしてたりしませんか?

実はパワーポイントのプレゼン資料を
ワードでも使えるようにすることができるのです。

その方法とは

■パワーポイントをワードで開けるファイル形式で保存する

元のパワーポイントのファイルを開いた状態で、
メニューから、ファイル>名前を付けて保存、
ファイルの種類で、アウトライン/リッチテキスト形式(*.rtf)を選んで保存

この方法で保存したファイルをワードで開くと
パワーポイントのタイトルや、本文が書いてあります。
つまり、パワーポイントのアウトラインで表示されている部分です。

最後に、このようにしてワードで編集したファイルの拡張子を
.docに変更して保存しておくのをオススメします。

これで、パワーポイントから
ワードの資料作成時間を短縮できますね。

 

引用元

パワーポイントを元にしたワード資料をあっという間に作成する方法