子どもの数 32年連続減 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

株式会社リアルビジョン 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子どもの数 32年連続減

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計

皆さんこんにちは、

個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺です。

 

少し前の記事になりますが日本経済新聞の記事によると、

総務省が『こどもの日』の合わせて発表した4月1日現在の15歳未満の子どもの推計人口は、

前年よりも15万人少ない1649万人だった。

32年連続の減少で、比較可能な1950年以降の最少を更新した。

人口に占める割合は、0.1ポイント低い12.9%で、39年連続で減少。

 

男女別の子どもの数は、男子が844万人で女子が804万人。

3歳ごとの年齢層を区切ると、中学生にあたる12~14歳が355万人で最も多く、

小学生高学年(9~11歳)の340万人が続いた。

最も少なかったのは0~2歳の316万人だった。

 

都道府県別にみると、昨年10月1日時点で前年に比べ、

増加したのは東京都と沖縄県のみ。

人口に占める子どもの割合は沖縄県の17.6%が最も高く、

滋賀県の14.8%、佐賀県の14.4%と続いた。

最も低かったのは秋田県で11.1%だった。

 

少子化対策につきまして、今まで思うような成果は出ているとは言い難い状況ですが、

日本の将来を考えた場合、有効な少子化対策が急がれます。

 

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。

マネーに関する悩みや不安を解消するリアルビジョン

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 新婚さんの幸せになるライフプラン(提案書&CF表付)

ふたりで新たな生活を始めるにあたって、将来のライフプランをたててみませんか?

料金
10,000円

新婚生活を始めるにあたって、スタートが肝心です!
■マイホームのこと。
■お子さまが生まれたときの教育資金
■まだ早いけど少し気になるご夫婦の老後資金
■人生の節目を充実させるライフイベント
など、この機会にライフプラン設計をとおして、未来予定プランを作成してみませんか?
10年以上の実務経験と実績豊富なファイナンシャル・プランナーが、あなただけのCF表と提案書を通してしてアドバイスします。

新婚さんの幸せになるライフプラン(提案書&CF表付)

このコラムに類似したコラム

子どもとお小遣い 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2011/06/22 23:00)

災難は ある日突然やってくる 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2016/11/30 17:50)

『収入に満足』48% 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/09/06 11:00)

苦手なことは、叱られれば改善するの? 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2016/08/30 11:29)

みえぬけれども あるんだよ 私の本音 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2016/03/29 23:32)