老い と すまい - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

志田 茂
志田茂建築設計事務所 代表
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

老い と すまい

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
これから家をつくる人へ 思いを実現する家づくりのたね

人は必ず歳をとり、肉体的に老いていきます。生き方としてそれをどうとらえていくか・・・、悲しいと悲観するか、1日1日を大切に元気に生きよう と思うか、それは人それぞれですが、生きている以上、毎日を 幸せ と思っていきたいものです。

若い時に手に入れた家が、歳をとった時には辛くなる事は、若い時には理解できません。しかしそれが現実です。若い人にはなんでもない段差が辛くなります。掃除が大変に思うようになります。物の上げ降ろしが辛くなります。状況を判断できる範囲もせばまります。

大きな家や3階建ての家は、高齢になった時、辛い家になってしまいます。

だから、高齢になった時の理想の家は、平屋やマンションのように、ワンフローアーで行動ができるものです。

自分が建てた(手に入れた)家で一生をまっとうできるのは幸せな事ですが、ある時点で、一度 「これから」 を考えてみる必要があると思います。

住み続けるのであれば、「これからの家」 に仕様変更する、または、建替えたり住み変えたりするという事を。

それをいつやるのか・・・・

家を作り変える、暮しを変える、というのは大変なエネルギーを必要とする作業ですから、できるだけ精神的にも体力的にも余裕があるうちにやるほうがいいでしょう。できれば「60代のうち」までには。

建替えたり住み変えるのが一番簡単で楽ですが、そうは言っても誰もが簡単にできる事ではありません。早めにある程度の規模で改修するか、または できる範囲で改修していき、「これから」の暮しを 楽に、楽しくやっていくために、やさしい住まい にする事ができるといいですね。

****

人生の後半に足を踏み出し、なんだか こんな事もしみじみと理解できるようになって来た気がします。

若々しい夢や理想も、「これから」も、 両方見据え、やさしいすまい を考えていきたいと思います。

このコラムに類似したコラム

家はあなた自身を変えます 志田 茂 - 建築家(2014/03/07 11:17)

家の2つの性質と幸せの形 2 志田 茂 - 建築家(2014/01/31 12:00)

小さな家を考える事は、自分らしい暮しを発見する事 志田 茂 - 建築家(2013/06/06 14:04)

「葉山の家」HPリニューアルしました 西島 正樹 - 建築家(2013/05/30 16:29)

幸せって なんでしょう 志田 茂 - 建築家(2013/02/27 11:41)