質問 家とは何か - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

志田 茂
志田茂建築設計事務所 代表
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

質問 家とは何か

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
これから家をつくる人へ 思いを実現する家づくりのたね
 

問1) なぜ人には家が必要なのか?

当然、雨風をふせぎ、安心して居られる、安心して寝る事ができる ためですね。

問2) なぜ人は家が欲しいのか?

これは様々で、家族の安心、拠り所を求める とか とにかく独立したいからとか、家賃がばかばかしいとか、人によってはステータスのために とかもあるでしょう。

問3) どんな家が欲しいのか?

こうなるともう、100人100様。私の考えが及ばない理由も無数に存在します。

**

問2・問3 を組み合せたら、その答えは無限大で、まるでトコロテンが好きか嫌いか、あの味・食感をどう表現するかみたいな話になってしまいます。・・・・例えがおかしいか。。

家は、「雨露しのげれば」というものからはるかに進化しました。誰もが、自分の考えや好みで自由に考え、選び、作れる時代になりました。 (*誰でも・・・というのは、語弊がありますが。。)

では

問4) 「家」とは、いったい何か?

その答え、いやそれを定義する事は無理だろうと思います。求める人が無限に居て、それを設計する・表現する設計事務所が星の数ほどあるという事は、「家とは何か」を定義する事が不可能である事を意味します。

でも、私なりの定義があります。

「家とは何か」・・・・

自分が、家族が幸せになるために必要なもの

うれしい時も 悲しい時も 辛い時も 寂しい時も、だまって寄り添い包んでくれるもの

それが私の定義です。

あまりに情緒的で、抽象的で、わかるようなわからないような事かもしれません。

デザイン とか 日が当たり風が抜けて気持ちいい とか 自然素材で健康的な とかそうゆう言葉を使って定義する人もいるでしょう。私はそれらは「その次」の話だと思います。それらは、住む人にとって「気持ちいい」状態を作るものであって、結局は人の心理的・生理的に「よい状態」つまり「幸せな気持ちになる」ために必要な事を言っていると思うのです。

いや、それもまた、人によって解釈が違うかもしれません。

私は 強い建築を作りたくない。

優しい建築を、もっと言えば 弱い建築(*)を作りたい

「甘い建築だね」と言われるかもしれないけれど。(・・・どれもこれもまた抽象的。。)

(*もちろん構造的に弱いという事ではありません!)

----------------------------------------------

写真は、木造住宅のリノベーション 中野の家 R。

施主ご夫婦の 問3 の答えは、「人が集まって、みんな気ままに好きな事ができる家」でした。

仕切られていたリビングとダイニングキッチンをワンルームとし、アイランドキッチン にしました。来た人が自分の好きなものを勝手に作り、みんなでわいわいできるように。

⇒ 夫婦と猫の家 中野の家 R (住宅リノベーション)

----------------------------------------------

トコロテンの話・・・

私は、嫌いではないけれど、特別に好きというわけでもありません。酢と醤油とトコロテンのからみが、なんと言っていいか、くすぐったくなるような・・・

こんなたわいもない事からはじまる家の話をしませんか!家作りの無料相談をやっています。 ⇒ 志田茂建築設計事務所

このコラムに類似したコラム

住宅フォトブック 小木野 貴光 - 建築家(2014/10/15 23:00)

3月の建築無料相談のご案内 富樫 孝幸 - 建築家(2014/02/24 10:43)

朝日住まいづくりフェア2013へ出展 竹内 隼人 - 建築プロデューサー(2013/06/29 22:48)