変えたい、でも変えられない? - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

エナジー・コーチ エナジー・コーチ
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
上前 拓也
上前 拓也
(パーソナルコーチ)
中川 淳一郎
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

変えたい、でも変えられない?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング
セルフ・ヘルプ 変化 (Change)
「変化」という言葉に、あなたはどう反応しますか?

抵抗を感じますか?歓迎するもの?それとも、
変化は、避けられないもの?

自分が変わることと、それから、周りの何か、
誰かが変わっていくことについて、どう感じますか?

たとえば、多くの人は、自分について何かしら、または
身の周りの何かしら変えたい、と思うものです。
誰かを変えたい、と思うこともあるかもしれません。

同時に自分が変わることが怖かったりして、
変わりたくない、と思うこともありますね。
まったく変わらないもののほうが少ないのも事実です。

変わることについて、いくつかポイントがあります。

ひとつは、確かに変化は、常にいつでも起きている、と
知ることです。変化はどこにでもあります。

人は一日ごとに、年を経て賢くなって変化(成長)するし、
時間がたてば体の水分や細胞だって入れ替わる。
考え方や見方だって、いろいろな影響を受けて変わる。

人は、生きていく限り成長するものだし、成長とは
すなわち変化ですから、避けて通ろうと思っても
避けられないことも多いですね。

なので、変化は起こるものだという意識を身に着けて
おくことは大事です。

それでも人は変化に対して抵抗を感じます。
変化に対して不安や恐怖を感じることもあるでしょう。

ふたつめは、変化についてのその捉え方です。

変わることに抵抗を感じるなら、「成長」という言葉と
置き換えて考えてみましょう。

抵抗を感じるものは、ときにはそれが自分にとって
必要なものだったり、メッセージだったりすることも、
あります。

言葉を置き換えて、その抵抗はどう変わるでしょう。
成長するというのなら、抵抗も小さくなるはず。

不安や抵抗が大きいままだと、自分を変えたくても、
怖いから変わりたくないという感情が潜在意識下に
存在しています。

相反する感情が同時に存在するとき、いつでも
強い感情の方が勝ちますから、こんなときは、
変わりたいと思っていても、怖い、変わりたくない、
という潜在下の感情が勝つのです。

コラムの続きはこちら

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(パーソナルコーチ)
エナジー・コーチ エナジー・コーチ

もっと元気にハッピーになりたい女性たちをパワフルにサポート!

もっと自信を持ってバランス良く、元気にハッピーになりたい方(主に20~40代の女性)に向け、コーチングやセミナー、講演を実施しています。人生の幸せ、ビジネスの成功や自己実現のために、枠に捕われない考え方を提供し、内面から強くサポートします。

カテゴリ 「セルフ・ヘルプ」のコラム

人にはときに変化が必要(2009/09/14 16:09)

変わろうとしても・・・(2009/06/09 20:06)

時代が変われば(2009/03/12 13:03)

今年の「変」は?(2008/12/15 18:12)