プロフェショナルとしての分岐点 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

プロフェショナルとしての分岐点

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
人材育成

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日はプロフェッショナルについてのお話です。

グローバルレベルでの大競争時代に突入し、プロフェッショナルとしての生き残り競争の激しさが増しています。

単なるプロフェショナルではなく、プロ中のプロを目指すことが求められています。

自分自身でプロフェッショナルとしての自覚を持ち、周囲の競合とは明らかな差別化が図られ、顧客からも正当な評価を受けている。

そのようなプロフェッショナルを目指すための努力をすることが当たり前の時代になっている。それが今の時代ではないでしょうか。

例えば、IT業界であれば、営業としてのプロを目指す、技術者としてのプロを目指す、マネージャーとしてのプロを目指す、コンサルタントとしてのプロを目指すといった具合になるのでしょう。

そういったプロフェッショナルの分岐点に立った時に、自分自身でプロフェッショナルとして目指す方向性を選択することが、プロフェショナルとしての最初の重要な仕事なのかもしれません。

私は、そのようなプロフェショナルを目指す方々を支援することを、仕事の一つとして行っていますが、いつも感じることがあります。

プロ中のプロを目指してほしい。

そのためには、中途半端は厳禁。かっこをつけることは不要。

実績を残すために何が必要なのかを考え、実行してほしいということです。

中途半端なプロでは生き残れないという歴然たる事実があることを知るべきです。

浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「人材育成」のコラム

文書作成力(2016/12/01 10:12)

常に時間の余裕を持つこと(2016/11/08 10:11)

悩めるCIO(2016/10/26 10:10)

人が育つための環境(2016/10/19 10:10)

プロフェショナルの言葉(2016/10/15 13:10)

このコラムに類似したコラム

自分の「客観的な現在位置」を知ることの大切さ 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2016/10/11 08:00)

現役感覚 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/09/19 11:25)

管理者の存在価値 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/02/19 10:20)

人は勝手に育たない 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/11/10 09:24)

人は勝手に育たない 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/11/10 09:19)