プロに任せておけば良いの嘘 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

プロに任せておけば良いの嘘

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●家を建てよう!!

某有名サイトのブログに建築系の職人さんが投稿されています。この方は設計事務所との付き合いが下手らしく、いつでも設計事務所の図面を完膚無きまでに糾弾します。「デザインに走りすぎる」は可愛い方で「納まりが分かっていない」「原価管理が出来ていない」「メンテナンスを考えればこれはない」最後に「この設計者は現場を知らない」で締めくくります。
終始一貫しているこの方の姿勢は、現場の職人さんに任せておけば一番良いものが出来ると云う事らしいのです。

立場が変わればそう見えるのかな・・・みたいな感想しか持てませんが、言えるのは、専門職は真摯になれと言う事です。専門職は私も含め一般の人より、その分野において指導的立場に立っています。ですので、発言には重みがあり、影響力があります。
その専門的知識を依頼者の希望を叶える為に使いこそすれ、依頼者を説得するために使ってはならないと云う事です。

尖った言動を行えば、自信があるように受け取れます。そこに、「この人に任せておけば良い」と云う安心感が生まれます。しかし尖った言動を取る者ほど物事をある一面からしか見えていないのではないでしょうか。経験と知識で問題を多面的に捉え、依頼者にとって何を選択するのがベストなのかを見極める技量こそ、専門職に求められているのではと考えます。

「現場の職人さんに任せておけば良い」を擁護するなら、問題の提議・条件の提示・性能の要求を明示して、その解決手段を「現場の職人さんの意見を聞く」のであれば私もよくします。
目的は依頼者の要求を可能な限り実現させることです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●家を建てよう!!」のコラム

親父の居場所(2014/01/23 09:01)

居場所と間取り(2014/01/22 08:01)

悪徳ビルダーにご用心(2013/12/19 08:12)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 新築・増改築のご相談

住宅性能表示制度や長期優良住宅やエコポイントにも対応する、環境とお財布に優しい住まいの提案

料金
無料

経済的な熱損失計算(性能基準)で、次世代省エネ基準を取得できる提案をします。
構造等級3を基本にご相談いたします。木造三階建て等で行う応力度計算も自社で行いますので、意匠と構造の齟齬がありません。
また、IAU型免震住宅設計資格取得者として、免震住宅等の相談も行っています。

新築・増改築のご相談

このコラムに類似したコラム

■土地探しと同時に考えること。 竹内 隼人 - 建築プロデューサー(2013/07/13 01:17)

「住宅ができるまで」6-提案書 廣部 剛司 - 建築家(2010/09/03 14:09)

建築依頼先をどう選ぶのか?(その2) 馬渕@しあわせデザイン - 建築プロデューサー(2010/06/09 10:26)

いざ鎌近。神奈川県立近代美術館鎌倉・最後の日々 岩間 隆司 - 建築家(2016/01/29 14:43)

杭工事偽装問題と設計監理 岩間 隆司 - 建築家(2015/12/03 19:30)