年金に入っていません - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

年金に入っていません

マネー 年金・社会保険 2007/06/11 19:43

夫34歳、妻30歳、子なしです。
夫は年収400万、私は100万くらいです。
夫は国民年金に去年加入しましたが、私はどうも社保庁が信用できず入ってません。今後も加入する気がおきません。夫は個人所得者なので老後資金はこれしかありません。
今後老後資金をためるとしたらどんなものに加入すべきでしょうか?ちなみに小規模共済には加入しています。

また私の収入が130万超えると夫の扶養から抜けると聞きましたが、その130万は収入ですか?所得ですか?教えてください。

さささささやかさん ( 東京都 / 女性 / 30歳 )

回答:1件

山中 伸枝

山中 伸枝
ファイナンシャルプランナー

- good

老後資金作りのベースは公的年金

2007/06/12 06:06 詳細リンク

さささささやかさん

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの山中伸枝です。

まず国民年金は、入るべきかどうかという選択の前に「加入義務」があります。

なぜ義務かというとお互いに助け合う制度だからです。自分ひとりの老後の備えのために保険料を納めているのではなく、障害をもたれている方や家計を支える大黒柱を亡くした方への生活を支えるものでもあります。そのため、実際に支給される年金の財源は、2/3が保険料ですが、1/3は税金が当てられています。またこの税金の割合は近々1/2まで引き上げられる予定です。つまり保険料を支払わなくても間接的に「税金」という形でかかわっているということです。

老後資金を考えるときベースはやはり公的年金です。制度や運営上の問題があるとはいえ、民間の保険等で同じだけの老後保障を得ようと思うと難しいでしょう。

もしお時間があれば、年金制度について解説したコラムがありますので、ご覧下さいませ。http://profile.allabout.co.jp/pf/fpyamanaka/column/detail/1378

また今後公的年金の上乗せとして自分年金を作りたいということでしたら、「確定拠出年金」というものがあります。自分で運用し自分で作る年金なのですが、税金も優遇されメリットも大きいです。

また扶養のことですが、収入103万円が税金上の扶養の分かれ道、収入130万円が社会保険上の扶養の分かれ道です。

目先の損得勘定が長い目で見たときに損得を大きくゆがめてしまうこともあります。第一「稼げる自分」は貴重な財産です。

私がご提供しているサービスには、2時間程度色々とお話をして1万円といういわば「FPの貸切」といったサービスがあります。お話をしているうちに、いろんなことが見えてくるかもしれません。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

個人年金、国民年金基金、確定拠出年金について さくやこのはさん  2016-09-09 11:35 回答1件
個人事業主の社会保険について アロマのママさん  2009-03-13 11:50 回答1件
一時所得と扶養 千春さん  2015-03-06 22:35 回答1件
個人年金保険と確定拠出年金 たかとらさん  2014-05-14 16:11 回答1件
個人事業主の妻が就職したときの社会保険 hiyokonokoさん  2013-10-19 09:07 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

矢崎 雅之

やざきFP事務所

矢崎 雅之

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

マンション管理適正化診断サービス

マンション管理組合向け火災保険

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

電話相談

新婚ご夫婦のための安心マイホームプラン(提案書など特典付)

マイホームを購入するということは、今後の人生設計の大部分が決定しますので、決して失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)