生命保険の見直し - 保険設計・保険見直し - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険の見直し

マネー 保険設計・保険見直し 2009/12/13 09:41

生命保険の見直しについてご相談です。
生命保険の勧誘員から2012年(44歳)からの更新の連絡が入りプランを提示してきています。この保険は何気に勧められて入った保険ですが、更新後は4万円を超えてしまうようです。あまりに高額すぎるので見直しを考えています。
今年結婚、来年子供を作る予定でいます。貯蓄は5000万円ほどあり、住宅購入予定はないので余裕はあるほうです。より良い保険への移行方法についてアドバイスのほどお願いします。

保険内容
5年ごと利差配当付終身保険(H8)[重点保証プラン]
30年払い込み満了2027年 500万円
主契約保険金額(終身保険金額) 1000万円
定期保険特約保険金額 500万円
3大疾病保証定期保険特約保険金額 500万円
疾病障害保証定期保険特約保険金額 250万円
生活保障特約年金金額
うち契約転換特則の年金金額 (2,227,300円)
新傷害特約保険金額[本人型] 本人5000,000円
特定損害特約給付金額 1回につき50000円
新災害入院特約日額[本人型] 入院5日目から本人10000円
新入院医療特約日額[本人型] 入院5日目から本人 5000円
新成人病入院医療特約日額 入院5日目から 5000円
通院特約日額[本人型] 退院後の通院 本人 3000円

毎回15,488円 月払 ステップ保険払込方式(15年型)
主契約保険料2012年4月まで 毎回6320円 2012年5月から9480円

はーとさん ( 愛知県 / 男性 / 41歳 )

回答:5件

釜口 博 専門家

釜口 博
ファイナンシャルプランナー

- good

保険に加入しないという選択もありだと思います。

2009/12/13 12:00 詳細リンク

ぱす 様

ご質問をいただきまして、ありがとうございます。
保険実務に強いBYSプランニングの釜口です。
よろしくお願いいたします。

生活保障特約年金金額
うち契約転換特則の年金金額 (2,227,300円)
⇒また保険会社からの見直しプランが出てくると思いますが、必ず前回と同じように「契約転換特則」を使ってきます。
これは逆ザヤ解消のための最大の策略です。
絶対に「転換」を使ったプランにのってはいけません。

「転換」につきましては、過去の私のコラムを参考にしていただければと思います。
http://profile.allabout.co.jp/pf/bys-planning/column/detail/15468

今年結婚、来年子供を作る予定でいます。貯蓄は5000万円ほどあり、住宅購入予定はないので余裕はあるほうです。より良い保険への移行方法についてアドバイスのほどお願いします。
⇒ぱす様が検討することは、より良い保険への移行ではなく、保険に加入するべきかどうかを検討することが先決です。

もしぱす様に万が一があった場合、奥様のために高額な保険金を担保しておきたいというお考えでしたら高い保険料を支払って保険を確保するという選択になるとは思いますが・・・

日本の社会保障はとても充実しています。
ぱす様がサラリーマンでしたら、ぱす様に万が一があっても遺族年金が遺族に支払われます。
病気で入院したとしても、公的医療保険が対象の入院・手術であれば、「高額医療費制度」があり、月に支払う医療費は8万円〜9万円(報酬月額53万円以下の場合)で済みますし、会社からの傷病手当金もあります。

そしてなんといっても、ぱす様は潤沢な金融資産をお持ちですので、保険に加入しない、あるいは最小限に抑えることによって、浮いたお金で資産運用&貯蓄をされた方が賢明です。
保険会社に儲けさせてはいけません。

ご不明な点などがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
http://www.bys-planning.com/

回答専門家

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
堀池 泰 専門家

堀池 泰
保険アドバイザー

- good

ポイントは3つ

2009/12/13 14:06 詳細リンク

ぱすさん、はじめまして。
元生命保険会社勤務のAdual(アデュアル)堀池と申します。

ご加入されている保険はいわゆる「更新型」で、更新までの保険期間が短い分近い将来の保険料は割安になるのがメリットです。
デメリットは今回ご経験されているように更新後の保険料が跳ね上がる点で、病気になる確率が高くなることから40歳代になると一気に高額になり始めます。
ご参考までに、その次の更新では更に倍程度になるはずです。

今回の見直しポイントは「(1)予定利率(利回り) (2)保険料がずっと変わらない (3)古くなった医療保障の見直し」の3つです。
それぞれの詳細は、以下の通りです。


■(1)予定利率
古い保険には利回りの良い保険があります。
属に“お宝保険”などと呼ばれますが、ご加入された平成8年は3%前後が一般的でした。
現在の保険は概ね1.6%前後ですので、終身保険部分は減額するか、残されるのが良いと思います。

■(2)保険料がずっと変わらない
こちらは更新型以外を選択すれば、保険料が上がらなくなります。

■(3)古くなった医療保障の見直し
支払い条件が5日以上の入院となっていますが、最近は日帰り入院から保障してくれるものが主流です。
現在の年齢での保険料となるため試算して照らし合わせる必要がありますが、少なくとも更新後の保険料よりはずっと安くなり、且つ保障が良くなりますので見直された方が良いかと思います。


上記より、終身保険部分は一部残し、特約部分の見直しをされるのが経済的かと思います。

回答専門家

堀池 泰
堀池 泰
(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

現在、貯蓄も余裕があるようですので・・・・

2009/12/13 17:20 詳細リンク

はじめまして、ばすさん。
愛知県でFP事務所を営んでおります''FP事務所 マネースミス''の吉野裕一です。


ご結婚、おめでとうございます。

ご結婚をされて、今後お子様が出来ると保障内容など適正なものへ加入されておくと安心ですね。

ばすさんは現在貯蓄も多くあるようですし、何かあった場合などには保険を使わなくてもこの資金を利用する方法も考えられます。

しかし、何かあったときには手持ち資金の減少は不安を感じるかも分かりませんので、最低限の保障を考えられても良いでしょうね。

終身保険に特約などで医療保障も付いているものは、主契約は終身ですが特約は更新になっており、更新の毎に保険料が上がってしまいます。

またこれまでは独身であったのでしたら定期特約は必要無かった気もします。

生命保険は万が一の時の遺族への保障です。

ですので今後は死亡保障などは必要になるでしょうが、収入保障保険((保険会社によっては名前が変わります))というような定期保険で遺族の保障を考えて、医療保険も終身保障の保険で最低限の保障を準備されると良いでしょう。

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

他の保険での見直しを考えたほうがいいでしょう

2009/12/14 07:05 詳細リンク

ぱすさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

お書きになった保障内容は現在お入りになっている保険ということでしょうか。

その内容を見る限りでは、その担当者は良心的ではないようです。
その前に入っていた保険からの転換のようですが、一時払いに充てたのが掛け捨ての生活保障特約年金の部分となっています。

良心的な方であれば、掛け捨てでない終身部分にあてる提案をするでしょう。
更新まで待たずに見直しをした方がいいですね。
その部分の解約返戻金が更新まで待つとなくなります。

また今まで独身だったとすると、このような高額な死亡保障の保険を勧めたこと自体も不適切です。

健康状態に問題がなければ、この保険にこだわらず、別で入り替えるといった見直しのほうがいいと思います。

死亡保険、医療保険、がん保険と単体で考えたほうが今後保険料が上がる心配もなく必要な保障を確保できます。
死亡保障は不要なようにも思われますが、生活レベルや奥さまの年収、お子様の進路などによっても異なりますので、一度お近くの独立系FPにご相談されるといいでしょう。

大関 浩伸

大関 浩伸
保険アドバイザー

- good

不適切な保険から早期脱却を・・・

2009/12/14 08:40 詳細リンク

ぱすさん、こんにちは。実務に強いFPの大関と申します。

これまで加入されていた保険は、
**いわゆる典型的な「売り手側論理」によるパッケージ商品です。

独身者・お子さんが2人以上、資産家と状況は全く違うのに
勧める保険が一緒ということは、適切ではありませんよね。
こうしたスタンスでの更新契約は、当然「転換制度」を勧めて来ますので
安易に乗ってはいけないと思われます。

これからご結婚、貯蓄が5,000万円となると、一般的な生命保険では
不適切になってしまいますので、
>「買い手側論理」によるオーダーメイド<がより重要性を増してきます。

*はたして、生活保障がどれ程必要なのか?
(職種・社会保険加入状況・年収などに関わってきます)

*不測の事態時に貯金を崩すことの許容度はどれ程か?

*老後の生活資金への不安、利殖への想いはどれ程か?

このようなヒアリングでの結果次第でプランニングは180度変わってきます。

下記のコラムもご参照下さい。
↓↓↓

(生命保険の検討に必要な絶対的3ヵ条とは?)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/22616
(商品選定の前にニーズ確認を!実例編)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/31447
(安い保険を探す前に・・・)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/17622
(理想の保険商品?)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/31346
(資産家に保険は不要?)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/28739
(保険と貯蓄は分けて考えるべき?)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/28736

以上、参考にして戴けたら幸いです。

ご不明な点がございましたら、個別にお問い合わせ下さい。
[ohzeki@fourtrust.co.jp

質問者

はーとさん

その後

2009/12/26 19:13 固定リンク

返信が遅れ申し訳ありませんでした。
わかりやすいアドバイスありがとうございました。
いただいたアドバイスにしたがって、減額を保険会社に申し入れをしました。その際に終身の部分を300万円、高度医療保障をつけて現在の払い込み額16000円程度⇒24000円程度(固定)の提案をしてもらいました。(死亡保障5000万円⇒2000万円)それにしても総払込額8000万円は高いですね。380万円の払込で98万円の解約払戻金をもらって解約⇒再選定した方がよいのか、終身予定利率の高い終身部分(?)=3%を残して他の定期部分を解約したほうがよいのか悩んでいます。相談員は後者は難しいなどといっていますが、どうしたものでしょうか。

はーとさん (愛知県/41歳/男性)

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

主人の生命保険の見直し タナタナさん  2015-04-01 09:27 回答2件
保険見直し中のアドバイスをお願いします mikenekosさん  2013-01-31 12:06 回答1件
生命保険見直しについて masa38bさん  2008-07-15 19:43 回答10件
保険の見直しについて momongaさん  2008-06-08 23:07 回答9件
生命保険の見直しについて あすかさん  2007-03-18 06:20 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

「メールで相談。ほけんのこと」 匿名相談OK!

Q&Aよりも詳しく具体的なことが知りたいときに

京増 恵太郎

FPアメニティ

京増 恵太郎

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

これで安心!生命保険の電話相談

生命保険の見直しや新規に加入をご検討されている方に最適なアドバイスが受けられます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 独立系FPによる効果的な保険診断【大阪】
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)