子供の教育資金 - 教育資金・教育ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子供の教育資金

マネー 教育資金・教育ローン 2009/05/05 23:00

子供の教育資金について検討しています
学資保険を検討していましたが、低払い戻し金型定期保険を紹介されました
15年払込
子供は0歳なので大学進学時(18歳)での返戻率が115%だそうです
学資保険についてはまだ詳細を聞いていないのですが、保険で運用するのがいいのでしょうか
投資信託も最近の状況からどこまで期待できるか不安なので・・・

ねこここさんさん ( 北海道 / 男性 / 37歳 )

回答:4件

釜口 博 専門家

釜口 博
ファイナンシャルプランナー

- good

貯蓄性が高い保険につきまして

2009/05/05 23:40 詳細リンク

ねこここ 様

ファイナンシャル・プランナーが天職! BYSプランニングの釜口です。

学資資金を貯蓄されるという目的に対して、円建ての保険で確保されるのであれば、
アクサ生命の低払い戻し金型定期保険の10年払いが一番返戻率が高くなります。

ですが、保険代理店や保険ショップでは紹介してくれません。
なぜだか分かりますか?
たぶん、ねこここ様でしたら、もうお分かりですね。

ただ保険で貯蓄することによる最大のデメリットは、保険会社の破綻です。
責任準備金が積みあがる(低払い戻し金型定期保険もそうです)保険の場合、破綻した時の減額率は非常に高くなります。元本割れは覚悟しなければいけません。
ということは、貯蓄率が高い保険をセレクトする時は、保険会社の安全性をよ〜く見極めなければいけません。

個人的には貯蓄性が高い保険に入るくらいなら、インデックスファンドで分散投資の方が良いと考えます。

ご不明な点などがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

回答専門家

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

1 good

教育費の準備の考え方

2009/05/06 10:49 詳細リンク

ねこここさんさんへ
こんにちは。ファイナンシャルプランナーの上津原と申します。

子どもさんの教育費の準備、限られた家計の中で上手にやりくりして出すものですから、少しでも効率を求めたい気持ちも良くわかります。

ご質問にある保険ですが、定期保険とある以上、本来の目的は死亡保障にあるように思われます。ただ、満期が長いからでしょうか、子どもさんの教育費の準備にあった貯蓄性もあるようですね。安全確実に教育資金を準備したい、死亡保障もある程度確保しておきたいということであれば、この選択肢は検討されてよいしょう。

ご相談の内容からすると、投資信託という選択肢も検討されているようですね。
教育費はじっくり時間をかけて準備をするものですので、投資信託の積立を今のような経済状態の悪い時期からはじめておくのも悪くないでしょう。

加えてお話しますと、住宅ローンを返済中であれば繰上返済(返済額軽減型)によって資産運用と同じ効果が得られることがあります。

お気持ちに合ったもので、教育費をご準備されてはいかがでしょうか。

回答専門家

上津原 章
上津原 章
(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

上津原 章が提供する商品・サービス

対面相談

体験相談会

普段から気になっている、お金の課題を解決してみませんか。

その他サービス

ライフプラン作成

~心とお金の豊かな暮らしのための~

堀池 泰 専門家

堀池 泰
保険アドバイザー

- good

貯める・備える・増やす

2009/05/06 16:19 詳細リンク

ねこここさん、こんにちは。
元生命保険会社勤務の、Adual(アデュアル)堀池と申します。

おカネのことを考える場合、「貯める・備える・増やす」に分けて考える必要があります。

貯める:銀行等で貯金。利回り低。
備える:保険会社等で保険加入。利回り中。
増やす:証券会社等で投信等を購入。利回りは相対的に高。

文部科学省の「子ども学習費調査」によると、すべて国公立に進学しても一人当たりの平均教育費は788万円です。
この金額を全て保険で備えると月々3万円以上の積み立てが必要です。
また予算を月1万円とし、投資のみで考えると年平均利回りで12.5%必要です。

この場合、仮に「予算3万円・積立期間18年」とし、2つに分けるとかなり楽になります。

■保険で月々1.5万円積立
18年後の学資金約372万円・・・(1)
※貯蓄率は仮で115%を利用

■月々1.5万円で運用商品に積立
年平均利回り3.0%で、積立元本324万円に対し複利運用積立金434万円・・・(2)



(1)+(2)=806万円


尚、運用は長期投資前提であり、運用期間中にマイナス運用の年も当然出てきます。
ただ長い目で見れば基本的に増加してゆきます。

1970年の日経平均終値は1,987円でした。
その後バブル崩壊、100年に一度の金融危機がありましたが、日経平均が8,000円でもまだ4倍以上です。

回答専門家

堀池 泰
堀池 泰
(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

大関 浩伸

大関 浩伸
保険アドバイザー

- good

回答申し上げます

2009/05/07 08:16 詳細リンク

ねこここさん、こんにちは。フォートラストの大関です。

学資積立についての保険商品について、確かに
15年後もしくは18年後で、確定返戻率110%以上のものがあります。

運用(利殖)面からすれば、この程度では低いとお感じになるのでしたら
少々のリスクを承知で投信などにチャレンジすべきでしょう。

しかし、普通預金程度の低金利でも貯金できていればいいというのでしたら
15年間は崩さないという前提で、上記の保険積立でもいいでしょう。

下記のコラムをご参照下さい。
↓↓↓

(学資保険)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/22615

質問者

ねこここさんさん

ありがとうございます

2009/05/06 11:30 固定リンク

ありがとうございます
投資信託の積立(日本株)を現在やっています
インデックスファンドに切り替えようかと思っていますが、現在保有分の評価はマイナスです
損切りの勇気がなく積立継続中です
今回検討している保険のように長期で戻り率が高いものより、
10年、20年先の金利を考えて定期で短期運用して金利回復を狙ったほうがいいのでしょうか

これから先、景気がよくなれば変わるのでしょうね
いろいろな選択肢がある中で自分で上手に決められるか、現在模索中です

子供ができるまでは自分の老後を考えていましたが
今は子供の将来のほうが気になりますね

不思議なものです

ねこここさんさん (北海道/37歳/男性)

質問者

ねこここさんさん

投資信託について

2009/05/06 11:34 固定リンク

投資信託ですが2年くらい前から日本株の投資信託積立をやっています
評価損が出てやめるにやめられず、現在も積立継続中です
インデックスに変えて、今までの分を売却すべきか悩んでいました

子供の教育、生活のための資金と考えると10年か20年先になります
現段階で保険で高い返戻率であっても、金利があがれば短期で定期を継続したほうがいいのかなと迷っています

学資保険のメリット、デメリットもあわせて教えてください

ねこここさんさん (北海道/37歳/男性)

質問者

ねこここさんさん

長期・目的別ですね

2009/05/06 21:53 固定リンク

なるほど
30年前に比べて4倍
物価変動も考えると10年、20年先
貯蓄・保険だけというのも危険なのですね
分散してバランスよくが一番なのですね

とりあえずこれからの人生で子供の成長にあわせた資金運用を考えたいと思います

中学進学(10年後)、高校進学(15年後)、大学進学(18年後)、結婚(25年後くらい)にターゲットを定めて運用を考えればいいのでしょうか

ねこここさんさん (北海道/37歳/男性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

教育資金の貯め方・その他についてお尋ねします。 kanachaさん  2008-08-04 16:24 回答9件
教育費積立 まみむめマミーさん  2012-01-24 01:05 回答4件
教育資金の積立手段は? oji123さん  2009-07-23 00:30 回答8件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

お気軽!無料メール相談

気軽にお金のプロに相談をしてみよう!

田中 佑輝

アルファ・ファイナンシャルプランナーズ

田中 佑輝

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

非上場株式売却の節税相談

上場株式だけでなく、非上場株式にも節税方法はあります

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)
対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)