期中に配当を支払うことは可能でしょうか? - 会計・経理 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:会計・経理

期中に配当を支払うことは可能でしょうか?

法人・ビジネス 会計・経理 2009/04/03 18:01

未上場の企業です。期中に従業員持株会を解散する予定ですが、解散する期の配当を日割りで払ってあげたいと考えています。その場合、どのような計算方法になるのでしょうか?またどのような方法があるのでしょうか?(賞与のような形で支給?)

scottieさん ( 愛知県 / 男性 / 28歳 )

回答:2件

趙 博來

趙 博來

- good

Re:期中に配当を支払うことは可能でしょうか?

2009/04/04 09:34 詳細リンク

通常の株式は権利確定日において配当の権利が生じるため、日割りで配当を支払うことはできないと考えられます。
よって、従業員に配当の日割り分を支給しようとすると、指定の通り、賞与に上乗せして支給する形が現実的な対応だと思います。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
高橋 清

高橋 清

- good

配当の支払いは年に何度も可能か

2009/04/04 14:55 詳細リンク

具体的には純資産額が300万円以上ない株式会社は、株主に配当することができなく
なります。資本金ではなく、純資産額です。例えば、資本金1万円の株式会社は内部留保
である税引き後利益が299万円を超えるまで確保できない場合には、株主へ配当はでき
ないわけです。(※)
※ 正確には 配当可能額=留保利益等-自己株式の価額-当期に既に分配した額 です。
◆ 逆に純資産額が300万円以上ある会社については、期中であっても株主総会の決議が
あればいつでも株主に配当することが可能となります

純資産とは
資本金の額+資本剰余金の額+利益剰余金の額+最終事業年度の末日(最終事業年度がない場合にあっては、持分会社の成立の日)における評価・換算差額等に係る額
の合計額です

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

給与の支給の仕方(明細)について ミカミカさん  2009-09-25 17:22 回答1件
賞与に対する所得税の簡単な計算方法 嵐の翔子さん  2012-12-16 23:36 回答1件
寸志と賞与の違いについて askaeriさん  2009-06-21 13:45 回答1件
家業を手伝いながらバイトはできますか? nature_lunchさん  2015-12-09 20:56 回答1件
開業費 くろかずさん  2013-11-14 15:05 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

ホームページSEO診断

ホームペーイjの内部SEOに特化したサービス

小菅 太郎

アイナパル

小菅 太郎

(ITコンサルタント)

田川 耕

フードビジネスコンサルタントオフィス シナプス

田川 耕

(飲食店コンサルタント)

平岡 美香

フードコンサルティング株式会社

平岡 美香

(マーケティングプランナー)

メール相談 事業継承、会社売買のお気軽相談
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)