建築費の見積もり内容間違いに伴う追加請求について - 住宅設計・構造 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

建築費の見積もり内容間違いに伴う追加請求について

住宅・不動産 住宅設計・構造 2009/03/13 17:33

設計事務所の新築戸建て(建替え)を依頼し、引渡しを明後日に控えたものです。
この設計事務所とは坪単価×建築面積の建築費用(=?とする)で施工契約をし、それ以外のオプションや解体費用(=?とする)は別扱いの契約となっておりました。

打合せ段階では?と?を合わせた見積もり書を提出頂き、その内容で納得し、銀行のローンや諸費用の計算等をしておりました。

ところが、引渡し直前になって見積もり内容に漏れがあったとの連絡がありました。解体費用役160万円が抜けているとのことで、自分たちの非を認めているものの、その分を追加で支払ってほしいとのことでした。

私としては引渡し直前の時期に言われても困るという率直な思いと、経済的に支払いができない状況でもあります。一応融資先の銀行に確認しましたが直前での追加融資は受けられないと言われてしまいました。工事前に言ってくれればプランを変更して減額することも可能でしたが、すでに建物も完成しているのでその方法もとれません。

私に非があるとすれば、解体費用が掛かっていることは把握しているにも関わらず見積もり内容をチェックしきれていなかったということですが、見積もり表を見るのも慣れていない素人にすべて責任を押し付けれれてもやっぱり納得いきません。

このようなケースの場合、見積もり漏れの160万円を全額支払う義務があるのでしょうか?それとも払うことを拒否してもよいのでしょうか?

どうしても支払わなければならないのであれば、160万円をなんとか工面するまで引渡しを延ばしてもらうしかないかと思っています。(すぐに工面できる額ではありませんが)

専門の方に良きアドバイス頂けますと大変ありがたいです。
内容の不足分がございましたら返答させて頂きます。

宜しくお願いいたします。

houseさん ( 神奈川県 / 男性 / 29歳 )

回答:2件

いくつかの疑問点

2009/03/13 23:15 詳細リンク

houseさんこんにちは
パルティータ建築工房の森岡です。

大変なことになってしまいましたね。
文面からいくつかわからないことがあります。

設計事務所の一般的な業務のやり方は、設計事務所は設計と監理を行い、工事は工務店が行います。

建主、設計事務所、工務店は、互いに分離・独立しています。
建主-設計事務所は工事監理契約を結び、報酬として設計監理料を支払います。
建主-工務店は工事請負契約を結び、工務店に工事費用を支払います。

つまり、設計事務所と工務店とは、金の流れはなく、設計事務所と工事契約することもありません。

houseのお宅では、どのような契約、支払い方法(工事費を誰に払う)となっているのでしょうか。

>坪単価×建築面積の建築費用で施工契約
「坪単価×建築面積」というのは、概算です。

工務店の見積(各工事の明細を積み上げ工事費を算出)は出ていますか。

建築費用、解体費用が別の契約ということですが、各々契約書は交わしているのでしょうか。

契約書を交わしていれば、冒頭に総額が記載されているので、解体費用の総額である解体費用が抜けていた、ということはあり得ないのですが。

ご相談の内容は、もちろん建築工事の契約上の話なのですが、支払うべきかどうかの判断は、民法上の話です。

弁護士会の無料法律相談や無料法律相談ネット等で相談されるのが良いかと思います。

引渡し直前で、大変不安と思いますが、がんばって下さい。
きっと良い方向に向かわれると思います。

参考にしていただけたら幸です。

回答専門家

森岡 篤
森岡 篤
(建築家)
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
寺岡 孝 専門家

寺岡 孝
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント

- good

建築工事請負契約

2009/03/14 01:30 詳細リンク

アネシスプランニングの寺岡と申します。宜しくお願いします。

ご質問の件ですが、何だか今更っていう感じですね。
通常は着工前に設計図の確認もさることながら、工事費の確認をするのが普通かと思います。

設計や融資、代金の支払等すべての窓口がこの設計事務所であれば、設計事務所の落ち度として払う必要性はないかと思います。

また、契約形態がどのような形を取っていたかも疑問です。
建物の解体工事等が別契約となっていて、きちんと請負契約とか工事注文書などを結んでいたのでしょうか?
本来であれば、解体を建物本体工事に入れない場合は建物除却の工事請負契約を締結すべきでしょう。

しかしながら、ご自身の方も費用確認と工事内容を着工前にはすべきことで、頼んでいたものが付いていなかったり、別の仕様になっていても気づかないことになってしまいます。

いずれにしても、今回の問題が解決するまでは引渡しは受けない方がいいでしょう。

建築側にも不備はありますが、買手も確認することは重要でしょう。


以上、ご参考になれば幸いです。

詳しい説明が必要でしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
宜しくお願い致します。

***住まいづくりを中立的立場でサポート!! 詳しくはこちら


*不動産購入&住宅建築サポート受付中! 詳しくはこちら
***お申込はコチラ

回答専門家

寺岡 孝
寺岡 孝
(東京都 / 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)
アネシスプランニング株式会社 代表取締役
03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートします

生涯に一度とも言える住宅建築や不動産購入の場では「失敗したらどうしよう」と不安に思う方が多いものです。お客様が「夢」を安心して実現できるよう、業界での25年の経験を活かし、「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートしてまいります。

寺岡 孝が提供する商品・サービス

対面相談

建売一戸建や建築条件付き土地の売買契約に関する個別相談

建売住宅や建築条件付の土地の契約などのお悩みを個別に解決します!

対面相談

新築、中古マンションの売買契約に関する個別相談

新築、中古マンションの契約などのお悩みを個別に解決します!

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

築15年の木造3階建 風で揺れるのを解消したい FUJIもんさん  2014-01-09 14:00 回答1件
設計契約の解除について iwaniwanさん  2014-12-10 23:54 回答5件
予算からの見積りオーバー ブーケさん  2014-10-25 10:01 回答4件
構造柱について StingEBTGさん  2012-09-23 14:44 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

建築家による土地活用の提案 【都市型住宅】

生活の豊かさは、すまいの広さできまりません。

岩間 隆司

株式会社ソキウス

岩間 隆司

(建築家)

対面相談

自分スタイルの住空間デザイン相談

新築・リノベーション・インテリアなど自分らしい住まいづくりをするために考えます

酒井 正人

サカイデザインネットワーク有限会社

酒井 正人

(建築家)

対面相談

注文住宅の請負契約関係書類チェックと契約立会同行サポート

注文住宅の契約前に契約書や設計図書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)