教育費の準備と繰り上げ返済のバランスは? - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

教育費の準備と繰り上げ返済のバランスは?

マネー 家計・ライフプラン 2009/03/06 23:30

夫40歳妻35歳長男10歳長女8歳長男5歳
4年前に2600万30年ローンで住宅を購入し、貯金しては繰り上げ返済にまわしてきました。長男が15歳までを目標に返済をすませてそれから学費の準備に力を注ごうと思っていましたが、不況で給料も下がるかもしれないし、先に学費をある程度確保すべきか悩んでいます。どのようなバランスが良いでしょうか?あと、家計の問題点なども教えてください。
現在は上2人の子供がそれぞれ18歳で300万になる学資保険に入っています。3人それぞれ義務教育は公立、高校からは私立もありだと思っています。大学までは行かせたいです。
収入 夫手取450万 妻手取320万 児童手当24万
支出

住宅ローン10万
水光熱2.4万(電気1.2万水道0.2万下水1万)
固定電話ネット0.6万携帯0.3万(1台分)
食費5万
美容被服費1.5万
車0.6万
レジャー教養2万
ガン保険0.3万
長男学資保険1.2万
子供保険0.3万(3人分)
学校費1.5万
保育代2.5万
習い事4万
夫小遣い3万
雑費0.5
貯金13万
年間
夫婦保険25万(定期生命と医療)
夫終身保険5万
長女学資保険16万
車維持25万
固定資産税12万
貯金300万
住宅ローン残1400万(1000万2.51%固定残12年と400万2%変動残20年)

はるちゃん8さん ( 京都府 / 女性 / 35歳 )

回答:4件

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

学費の準備に注力を

2009/03/07 15:39 詳細リンク

はるちゃん8様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナー(IFA)の森本直人と申します。

ご相談の件、お子さんが3人いらっしゃいますので、繰上げ返済に熱心になり過ぎるのは、問題があります。

繰上げ返済は、計算上は、有利な選択になりますが、お金は、目的ではなく、手段と考えましょう。

老後に必要以上のお金が残っても、進学資金が足りなくなってしまったら、本末転倒ですよね。

実際に、最近は、景気悪化などで、私立高校の授業料の滞納も急増している模様です。

老後は、3人のお子さんの誰かに面倒を見てもらえる可能性も高いわけですから、今は、学費の準備に注力した方がよいと思います。

具体的なバランスは、キャッシュフロー表などを作成の上、検討されることをおすすめします。

以上、ご参考にいただけると、幸いです。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

- good

今は手持ちのお金が大事。

2009/03/07 16:31 詳細リンク

はるちゃん8さんへ
こんにちは。ファイナンシャルプランナーの上津原です。

現状はゆとりのある家計ですね。

住宅ローンの繰上返済を重ねられたのは立派だと思います。返済期間短縮型で繰上返済をされた場合、毎月の返済額が変わらないので月々の資金繰りは大変なことと思います。

現在は住宅ローン減税の恩恵をまだ受けることができます。
先の収入が不安ということであれば、繰上返済として予定していたお金をネット定期などの利回りが高い預金に預けるのも一つの方法です。
どうしても繰上返済ということであれば、返済額軽減型にして毎月のゆとりをふやします。

ご長男の学資保険、がん保険は可能であれば年払いにします。

それと、生命保険はどのようなものに加入しておられますか。はるちゃん8さんがずっと働くことができるのであれば、ご主人に万一のことがあったときでもある程度の収入は確保できることになります。

いずれにしても、不安な時は手持ちのお金や家計のゆとりを多くすると気持ちの面で楽です。

回答専門家

上津原 章
上津原 章
(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

上津原 章が提供する商品・サービス

対面相談

体験相談会

普段から気になっている、お金の課題を解決してみませんか。

その他サービス

ライフプラン作成

~心とお金の豊かな暮らしのための~

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

繰り上げ返済の件

2009/03/08 09:10 詳細リンク

はるちゃん8さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『先に学費をある程度確保すべきか悩んでいます。』につきまして、はるちゃん8さんの場合、お子様が3人となりますので、これから教育資金がかかるようになります。

尚、教育資金準備と住宅ローンの繰り上げ返済のどちらを優先させるべきかにつきましては、キャッシュフロー表を作成してシミュレーションを行ってみないと判断はいたしかねますが、将来、削減することができる支出とできない支出はあらかじめ把握しておくことはできます。

将来、家計支出から削減することができない最大の家計支出は住宅ローンとなりますので、はるちゃん8さんの当初のお考えは正しい判断だったと私は考えます。

お子様の教育資金が本格的にかかるようになる時期としては、高校受験が始まる頃からとなりますので、それまでに住宅ローンの返済に目途が立てられれば、家計の負担も相当に軽減することができます。

尚、私学に進学した場合、学校により授業料などの学費は相当異なりますので、ある程度は支出を調整することができます。

いづれにしても、何の根拠もなく闇雲にどちらにするのかを決定するのではなく、しっかりとキャッシュフロー表を作成してシミュレーションを行い納得したうえで、どちらを優先させるのかを決定するようにしてください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

教育費を優先しましょう。

2009/03/07 07:51 詳細リンク

はるちゃん8さん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

お子さん三人となると、結構教育費必要ですね。
最低でも18歳目安に500万円を準備したいものです。
中学になると、塾などもあり、それまでのように貯金に回せないかもしれません。

お子さんが20歳、18歳、15歳のころを想像してみるといいでしょう。
繰り上げ返済より教育資金の準備を優先させましょう。

教育費のデータを参考に計画的に積立ましょう。
教育費にめどが立って余裕があれば繰り上げ返済ですね。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断お願いします。 QP2さん  2016-08-31 00:47 回答1件
この収支バランスで大丈夫か?子供2人は難しい? smiletrainさん  2011-08-23 22:42 回答1件
年間いくらぐらいの貯蓄が必要ですか。 レインデッキさん  2013-06-26 10:18 回答1件
家計診断をお願いします。 ponpokoさん  2008-08-06 02:50 回答5件
家計診断をお願いします ラテコさん  2015-12-07 13:18 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

プチ・ライフプラン設計(提案書付&キャッシュフロー表付)

将来のお金のことが心配ではありませんか?キャッシュフロー表で確認出来ます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

マネー相談(2回目以降)

ライフプラン・資産運用・保険・住宅購入など

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプランコンサルティング(家計診断)

■お金の将来予測を行い「将来不安を解消!」見えてくる課題点・問題点を解決しませんか!?

三島木 英雄

株式会社FPリサーチパートナーズ

三島木 英雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)