繰り上げ返済の件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

繰り上げ返済の件

2009/03/08 09:10

はるちゃん8さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『先に学費をある程度確保すべきか悩んでいます。』につきまして、はるちゃん8さんの場合、お子様が3人となりますので、これから教育資金がかかるようになります。

尚、教育資金準備と住宅ローンの繰り上げ返済のどちらを優先させるべきかにつきましては、キャッシュフロー表を作成してシミュレーションを行ってみないと判断はいたしかねますが、将来、削減することができる支出とできない支出はあらかじめ把握しておくことはできます。

将来、家計支出から削減することができない最大の家計支出は住宅ローンとなりますので、はるちゃん8さんの当初のお考えは正しい判断だったと私は考えます。

お子様の教育資金が本格的にかかるようになる時期としては、高校受験が始まる頃からとなりますので、それまでに住宅ローンの返済に目途が立てられれば、家計の負担も相当に軽減することができます。

尚、私学に進学した場合、学校により授業料などの学費は相当異なりますので、ある程度は支出を調整することができます。

いづれにしても、何の根拠もなく闇雲にどちらにするのかを決定するのではなく、しっかりとキャッシュフロー表を作成してシミュレーションを行い納得したうえで、どちらを優先させるのかを決定するようにしてください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

教育費の準備と繰り上げ返済のバランスは?

マネー 家計・ライフプラン 2009/03/06 23:30

夫40歳妻35歳長男10歳長女8歳長男5歳
4年前に2600万30年ローンで住宅を購入し、貯金しては繰り上げ返済にまわしてきました。長男が15歳までを目標に返済をすませてそれから学費の準備に力… [続きを読む]

はるちゃん8さん (京都府/35歳/女性)

このQ&Aの回答

学費の準備に注力を 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2009/03/07 15:39
今は手持ちのお金が大事。 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2009/03/07 16:31
教育費を優先しましょう。 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2009/03/07 07:51

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断お願いします。 QP2さん  2016-08-31 00:47 回答1件
この収支バランスで大丈夫か?子供2人は難しい? smiletrainさん  2011-08-23 22:42 回答1件
年間いくらぐらいの貯蓄が必要ですか。 レインデッキさん  2013-06-26 10:18 回答1件
家計診断をお願いします。 ponpokoさん  2008-08-06 02:50 回答5件
家計診断をお願いします ラテコさん  2015-12-07 13:18 回答3件